2009年06月08日

子供への言葉に気をつけて!

朝日新聞社 2009年6月6日
親の暴言、子の発達を阻害 言語性知能が低い傾向

【概要↓】
 感受性の高い幼少期に親から言葉による虐待を受け続けた人は、
受けていない人より「言語性知能」の数値が低い傾向にある――。
そんな研究結果を熊本大学大学院の友田明美准教授(小児発達社会学)が
米ハーバード大と共同でまとめた。
 調査の結果、虐待を受けた人は 言語性知能の数値が低く
虐待された人の脳は、言語で意思を疎通する部分の損傷があった。
「言葉の暴力が脳の発達を阻害する可能性を示すデータ」と分析。
今後は、虐待が脳の発達に与える影響を食い止める研究を進める。
 友田准教授らは、
幼少期に長期間、体罰を受けた人の脳が、受けていない人の脳より
前頭葉の一部が最大約19%縮んでいるとの研究結果を
08年に発表している。
「虐待の脳の機能面への影響を明らかにした点で興味深い。
不安定な親子関係が続くと言葉の獲得が遅れ、
論理的に物事を考えるのが難しくなることを一つのデータとして示した」

「家庭内では他者(家族)を不愉快にさせても許される」
「自分の子供には 何をしても多少のことは許される」
と考えている人って けっこういる
言語化して考えていないまでも潜在的にそう思っている人は多い
そして 今の世の中には それを許す空気がある
けどね
そんな意識が 他者の人生を踏みにじる
自分の子供だって他者なのですよ

過去に辛い体験をした人に
「いつまでも気にするな」「立ち直れ」「大人になったら自分の責任だ」
などと言う人がいる
けどね
気の持ち様ではどうにもならない傷(障害)もある
善意から出たその一言が
更なる傷を負わせるのですよ

こういう知識が
世の中の多くの人に理解されることを願う

こちらも読んでみて↓

子ども虐待という第四の発達障害』杉山 登志郎 (著)


ラベル:教育
posted by kururu at 00:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

経済至上主義 反対!

朝日新聞社 2009年5月14日
新型インフル、欧州が警戒度6に強い抵抗 WHO足踏み

WHOが
経済界に阿(おもね)ってどうする! ←\ ( ̄▽ ̄) おい!
posted by kururu at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

○○マンごっこ禁止!?

ウルトラマンとか
ヤッターマンとか
都内某区の公立保育所では
『○○マンごっこ』の類が禁止されているそうで

理由は
「怪我をするから」

へ? なにそれ?
子供が怪我をするくらいふつーのことじゃない?
ってか、
今どきの子供って
やんちゃして怪我をする権利もないの???

まあ、
預けている親からすれば
怪我なんかされたら
病院連れてったり 看病したり
面倒も増えるし
仕事も休まなくちゃならんし
都合が悪いんだろうけど

仕事も休めない社会って
問題だと思う
ラベル:教育
posted by kururu at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

アレルギー疾患の予防法

2009/02/23 CBニュース(キャリアブレイン)
子どもを花粉症にしないための9か条

【概要】
理研横浜研究所 谷口センター長は講演で
▽生後早期にBCGを接種させる
▽幼児期からヨーグルトなど乳酸菌飲食物を摂取させる
▽小児期にはなるべく抗生物質を使わない
▽猫、犬を家の中で飼育する
▽早期に託児所などに預け、細菌感染の機会を増やす
▽適度に不衛生な環境を維持する
▽狭い家で、子だくさんの状態で育てる
▽農家で育てる
▽手や顔を洗う回数を少なくする
 ―の9か条を紹介した。
「花粉症は、ある程度不衛生でエンドトキシンの量が多い環境で育つと
 発症しにくくなる。」
「幼児期でアレルギー体質が決定するという仮説は正しいことが
 証明された。
 花粉症などのアレルギー性疾患は文明病であり、
 人間が物質文明を追求したために生じた免疫機能失調症だ」

こういうの、待ってたんだ〜 "・*・ ; ・\(*^▽^*)/・ ; ・*・"
言ってる事自体は 以前から言われていた事だけど
権威ある機関が箇条書きで発表したことの意義は大きいと思う
子どもを大事に思うなら
抗菌剤の入った石鹸とか買ってちゃ駄目だよ〜
(↑『薬用石鹸』ってやつ)
風邪ひきでお医者にかかった時には 抗生物質は断固拒否!
日本は抗生物質の消費量が極端に多くて
乱用が指摘されてるんだよ
清潔志向も程々に☆

これ↓、面白かったよ
ハンディーサイズなので一家に一冊、ぜひ☆
ゼロ歳からの免疫力』藤田 紘一郎(著)


こちらも併せて!
消臭スプレーとか シュッ ってしてる場合じゃないよ
使うな、危険!』食品と暮らしの安全基金 (著), 小若 順一 (著)
posted by kururu at 01:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

世代間格差

福祉行政も介護保険も未だ手薄で頼りない感じだし
お金がないと 歳を取るのも辛いよね

祖父母世代は年金も手厚くて良かったなぁ、と つくづく思う
うちの祖母(その1)は長年入退院を繰り返していたけど
経済的には余裕があった
うちの祖母(その2)は認知症で長年グループホームに居たけど
毎月の費用は年金でまかなえていた

親世代はといえば
そこまで安泰かどうかは分かんないけど
とりあえず体が動くうちは経済的に困窮はしなそう

さて、自分は?と思うと
障害持ちで貯蓄も年金も世間並みには得られない、って話は
今は置いておいて
自分達世代が年をとる頃は 年金やら介護保険、健康保険やらが
どうなっているのか考えるのも恐い
国の借金も膨大だし。。。
せめて早急に増税してちょっとでも負債を減らしてほしいけど
年寄りの政治家たちは 自分はどうせ死んじゃうことだし
自分の代では 選挙の票に響くようなまねはしたくないらしい

私ら世代はお金もないことだし
うっかり長生きしちゃうのが ほんとにこわい
適度に寿命が縮んでくれないかと まじ思う
ラベル:社会保障
posted by kururu at 16:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

さすが お役所!?

友人の両親の家が
『痴呆のやかた』だと言う
母がボケ、父が介護づかれで鬱に。
おかげで年末からおおさわぎ
そりゃたいへんだ (ToT)
医療とか介護サービスとか 援助の手は使えてるのかな?
医者に行くのさえ本人さんが嫌がりまくり。
市役所に相談にもいったけどさすがはおやくしょさっぱり。
「困ったらご相談ください」というパンフレットくれた。
だから今来てるじゃーん (ノ><)ノ。
話しにならず。やるな−○○市。
施設にも相談にいったけど、にたようなもんでさっぱり。
そんなこんなで、にっちもさっちもいきませんわ。
あちゃー (>_<)
さすがはおやくしょ ですか
高齢者福祉も障害者福祉も貧困対策も
なんだか似たり寄ったり。。。

生活保護を申請するにも弁護士同行するまではねつけられた
なんて話は珍しくもないし
疾病や障害の福祉の申請も、ちょっと前までは
民生委員の同行と診断書がないと話も聞いてもらえない
とか噂されてたし
高齢者の介護の申請もそんなんなのかな〜
ってか、そもそも民生委員に任せてる業務って
本来は行政が担うべき部分じゃないの?

障害者施策の窓口対応は ここに来て随分改善されてるようだけど
他の窓口も どうにかならん物なのでしょうか
ラベル:社会保障
posted by kururu at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

医療安全情報:事故例集 受け取りは全国の病院の半数以下

毎日新聞 2008年12月10日
医療安全情報:事故例集 受け取りは全国の病院の半数以下

【概要】
 医療事故や医療ミスの実例を紹介して再発防止に役立ててもらおうと
 (財)日本医療機能評価機構が無料配布している「医療安全情報」を
 全国の病院の過半数が受け取ってないことが分かった。
 医療安全情報の内容について、病院から不満などは寄せられておらず
 関心の低さが受け取らない主な理由とみられる。
 実例が不必要なはずはなく
 病院は関心も持たずに『事故防止対策を取っている』と言っても
 説得力がない。

何なんでしょう?
情報すら受け取らないなんて医療施設としてあり得ない態度だよ
そんな病院には 患者だってかかりたくないよね
全国の病院の 受け取りの有無を公表して
更に
受け取ってる病院には 何かマークを掲げてほしいところ
厚労省さん、検討してね
ラベル:医療
posted by kururu at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

北朝鮮拉致事件への総理の本心

米国の
北朝鮮に対するテロ支援国家指定の解除に際し
日本の麻生太郎総理が言いました
「拉致被害者の家族のこと(立場)を・・・(米国に伝える)」

『拉致被害者の』ではなく
『拉致被害者家族の』と言いました

それってさー
麻生さんにとっては
『拉致されたこと』が問題なのではなく
『被害者家族があれこれと要望を述べる』ことが面倒だ
ってこと?
ついついぽろっと本音が漏れたのかしら

ため息一つ(・o・)
posted by kururu at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

なんでこんなおっさんが『大臣』になっちゃったんだ?

毎日新聞 2008年9月27日
中山国交相:「がんは日教組、解体しなければ」宮崎で発言

またまた出ました・°`☆
人権意識なし
民主主義の理解なし
労働者の権利とか子供の権利とか国民の財産権とか
何にも分かってない

しかも 今日の駄目押し発言は確信犯だよね
教組といえども労組の一種
労組を否定するなんて
信念が国の理念とあってないってことだよ
たぶん総理とも合ってない(←そう思いたい)
なのに『大臣』引き受けちゃうなんて
意味が分からん
ほんと、頭悪すぎ〜

あの、中山恭子氏の夫が これって???
posted by kururu at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

『格差』は、今まさに『作られて』いる

日本の政治家は
特に 経済的に恵まれた境遇で育った政治家は
アメリカが大好きだ
アメリカの金持ちが大好きだ
若い頃に留学先で見た米国の金持ちに憧れ続けている人が多いのだ
自分もそうなりたい、そうなって然るべきだ、と考えている
で、日本もアメリカのように
一部の富裕層が 大多数の下層階級からの搾取で裕福に暮らす
そんな社会にするべきだ、と本気で思っている
もちろん、表立っては そんなこと言わない
票を失って政治家としての権力をなくしては元も子もない
口先では耳に心地よいことを言って
国民に気付かれないように、けど着実に
国の中に『格差』を作り上げていく

そんな政治に加担したい?
したくなかったら 知識を身に付け声を上げよう
声を上げられないなら せめて選挙へ行こう
まずは、からくりを知ることから↓

(以下 毎日新聞社書評)
サンデーらいぶらりぃ:斎藤 貴男・評=『格差社会の克服…』二宮厚美・著
今週の本棚:伊東光晴・評 『格差はつくられた』=ポール・クルーグマン著
今週の本棚:中村達也・評 『暴走する資本主義』=ロバート・B・ライシュ著

    
ラベル:考える葦
posted by kururu at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

だけど kururu だって

さっき
「書くことなんて自ずと限定されてくる」
なんて書いたけど
よく考えたら kururu だって
小中学校で『感想文』とか『図画』とか
何を書(描)けばいいのか さっぱり分かんなかったもんな〜

何を求められてるのか
本当に分からなかったの
ってか
小学生の頃なんて
他教科の授業でも
発言を求められても何を求められてるのかよく分かんなかったし
学校っていうシステム自体もよく分かってなかったかも
発達に見合った授業じゃなかったんだと思う
(=その学年の教育内容に見合った発達を遂げてなかった)

あと
大人になった今でも
伝えたい気持ちはあるのに
どんな言葉で伝えればいいのか すぐに思い付かないこともある
どんな言い方をしたら 自分の気持ちが誤解なく伝わるか
って難しいもんね

そう考えると
通知表の『保護者のコメント』も
何を書けばいいのか本気で分かんない人もいるのかも
社会的に求められてる『親』としてのスキルに
追い付いていない人がいてもおかしくない
ってことか

だからって
他人の言葉を借りてきてもしょうがないと思うんだけどね
ラベル:自閉症
posted by kururu at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コピペ病は人生の放棄だよ

みなさーん
日々 意識的に頭を使ってますか〜?

ここの Blog サービス(Seesaa)は
アクセス解析が充実してて
(↑観てる人がどこのリンクから飛んできたか等が分かる機能)
kururu は それを見ることを日々の楽しみにしてるんだけど
昨8月31日のアクセスで目に止まったのが
検索ワード『通知表 保護者のコメント』

いや、これだけじゃ
その人の意図は分からないよ
コメントを書き終えた保護者が何となく検索したのかもしれないし
自身の子供時代を懐かしんだ人が 何となく眺めてたのかもしれない
あるいは 教育関係者が職業的興味で見たのかもしれない
けどさ
夏休み最後の日っていうタイミングを考えたら
たぶん
「あ!子供の通知表にコメント書かなくちゃ」って思った保護者が
文例を求めた
っていう可能性が大だと思わない?

大学生にレポートを課すと
今時は ウィキペディアのコピペ(コピー&ペースト、つまり、丸写し)が
大量に集まっちゃうって
大学の教官たちが嘆いてるし
学生だけに留まらず
世間一般に広くコピペ癖が広がっているのかもしれない

通知表のコメントって
普段 子供と暮らして良くみている保護者が
子供の別の場面をみている教師からの言葉に対して
休み中に改めて子供の様子を見て
また、休み中に取り組んだことなどを踏まえて
そしたら 書くことなんて自ずと限定されてくるように思うんだけど
どうなんだろう?
他人の言葉、他人の考えを借りてきたって
しょうがないと思うんだけど

世の中の大半のことには『正解』なんてないし
人生は『自分の感性』の積み重ねだとおもう
存在しない『正解』を求め
『当たり障りの無さそうな』言動を指向し
『自分の感性』なんてどこかに行っちゃってた
なーんて
そんな人生送りたい?
kururu は嫌だね
posted by kururu at 22:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

都会の小川はどこへ?

そーいえば
この辺 小さい川がないな〜

1級河川は ある
公園の中に人工の沢(水遊び場?)も ある
けど
小川はない
公園の沢は
コンクリートとタイルで作った水路状の窪地に
水があるだけ
(しかも暗渠の上に ( ̄▽ ̄) )
土、砂、砂利などじゃないから
生態系も・・・
たいして流れてないのか 水も澄んでないし
沢と呼ぶのもどうかと思うけど
ほかに呼び様もない

子供の頃、この辺りに住んでた時には
いちおー川があったんだけど
今は暗渠
そもそも kururu が子供の頃には
既にコンクリートでU字に固められてて
水質も悪かった
「汚いどぶ川だったら 埋め立てて通路や遊歩道にしちゃえ!」
ってことだったんだと思う
「排水路としても使えるし」便利になると思ったんだろうね

なんだ?それ??
むっちゃ積極的に自然破壊してる
しかも公共の事業として!!
川が汚れた時点で
「生活排水を流さないようにしよう」とか
「コンクリを撤去して自浄能力を回復させよう」とか
なぜ思わなかったのか
それが『高度経済成長』ってものだったのか
それが『昭和』だったんだから しょうがないのか

今からでも
小川を復活できないものかな〜
生活圏に小川も無いなんて
『水の国 日本』の姿としてどうかと思う

♪春の小川はさらさらいくよ〜♪
の小川は
代々木にあった川なんだよ
posted by kururu at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

「国益って何よ?」

例えば
赤の他人に 突然ナイフで斬りつけられたらどうですか?
相手が開き直って
「髪の毛とほんのちょっとの肉と血しか切ってない」
「そのほんのちょっとのものが そんなに大事か?」
「そもそも、その血と肉は 元々俺のものだった」
なんて言い出したら そりゃー怒るでしょ
自分の命と肉体、そして魂の独立を守るために
自身の権利を主張するでしょ

領土問題、拉致事件、毒入り餃子、歴史問題
チベットやウィグルに代表される民族闘争
それらの問題全てに共通するのは
すなわち そーいうことです


考えるための材料に↓

わたしの竹島ですが、何か?
http://jp.youtube.com/watch?v=dcjwpz-6d2s&feature=bz303

【櫻井よしこ】国益を損なわない外交姿勢とは(1/4)
http://jp.youtube.com/watch?v=vK7RFOe5Ym8
(↑4本シリーズです 続きも見れるよ)

ほかにも関連動画多数
ラベル:考える葦
posted by kururu at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

「わかりやすく」の危うさは

朝日新聞が見れる人は ぜひ読んで!

朝日新聞 2008年8月4日 朝刊
オピニオン欄( kururu んちでは9面でした)の対論
クロストーク
『「わかりやすく」の危うさは』

・哲学者の 鷲田清一さんに
 政治学者の 苅部 直 さんが聞く

・「わかりやすさ」全盛の現代
 政治も学問も、何でも「わかりやすく」ばかりでいいのでしょうか。

・「いらだちや暴力性を感じる」
・「「思考の熱狂」あおらないで」
・「大事なのは腹の底からの納得」
ラベル:考える葦
posted by kururu at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

否定されるのが嫌だから議論を拒否してるんじゃない?

毎日新聞 2008年8月1日
伊丹空港廃止:国土交通相が「素人」と強い不快感

要はさー
国の人たち
自分達が 多額の税金を注ぎ込んで造っちゃった空港を
「無駄」って言われたのが気に食わないんでしょ
大阪府から
「あんたたちの見積もりは全然甘かったし
 県民にとって 不要な上に(金銭的に)迷惑なんです」
って言われたのが図星で 痛かったんでしょ
『廃止』を検討課題とされるだけでもメンツが丸つぶれだし
検討して 万が一にも『廃止』が可決されちゃったら
自分達の責任問題だもんね
だから 検討されないように 議論されないように
「奴(大阪府知事)は『素人』」なーんて言って
万が一の 自分の体面を保持しようとしてるんでしょ

保身って嫌ね〜
posted by kururu at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

Lady、お席をどうぞ♪

いつだったか
電車にて

おばあちゃまが乗ってきた
年の頃は90歳を超えていようか
白い髪に大きな帽子、花柄の杖
ワンピースのスカートがゆらゆら揺れる

60絡みの男性が席を譲った
「ばあさん、危ないから座りなさい」
おばあちゃまが にっこり答える
「『Lady、おかけ下さい』と言ってちょうだい♪」

どうもありがとう、と言って席に着いたその人は
本当の Lady だと思った
凛とした姿勢が心地よく
見ていた kururu はとても嬉しくなった

高齢者と接する人には
常にそれくらいの気遣いを持ってほしい
いくつになっても 紳士淑女として待遇されるような
そんな日本であってほしい
そうして
kururu は そういうおばあちゃんになりたい
posted by kururu at 17:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

タバコ・・・ホタル族してもダメ、喫煙者子供の2次喫煙被害!

こんなの知ってた?

知識の泉 Haru’s トリビア
タバコ・・・ホタル族してもダメ、喫煙者子供の2次喫煙被害!

いや、室内で吸うよりは ぜんぜん被害が小さいんだけどね
けどさー
ニコチン等の有害物質が
体や髪に付着して持ち込まれる
なんて言う以前の問題として
タバコを吸う人って
肺にたまった煙をダイレクトに持ち込んでるじゃん
他者のいる空間に戻る時には
お外で 深呼吸5回してから入室してね
posted by kururu at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

フセイン打倒からアルカイダ、イランへ

中国といい 米国といい
帝国主義というやつは・・・まったく

AFP 2008年04月14日
変化するイラク戦争の根拠、フセイン打倒からアルカイダ、イランへ
posted by kururu at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チベットと北京五輪

ソウルでは
中国側に動員されたと思われる中国人が多数沿道を埋め
チベットや脱北者への人権侵害に抗議する人々への
投石騒ぎまで起きたそうです↓

ロイター 2008年 04月 28日
ソウルで聖火リレー、妨害行為の脱北者など逮捕される

朝日新聞社 2008年04月28日
ソウルで聖火リレー、妨害行為の脱北者など逮捕される

産經新聞社 2008年4月27日
やはり中国は中国 モスクワで甦った7年前の「悪夢」


日本の人々にも
もう一度 チベットについて考えてほしい↓

チベット式 2008.03.15
【2008年チベット動乱】よく聞かれる質問集
最新の記事はこちら)

NHK週刊こどもニュース 2008/03/29 放送
なぜチベットで暴動?

読売新聞社 2008年4月13日
ダライ・ラマ生家、厳しい監視下…現住の親族は事実上の軟禁

朝日新聞社 2008年04月21日
ラサで僧侶400人拘束 チベット混乱続く
posted by kururu at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。