2008年03月28日

「彼を私にください」

昨日、彼女は
kururu に「彼をください」って言おうと思って来たんだって

力が抜けちゃったよ
人は誰も 他人の所有物ではない
彼は私のものではない
彼女が自分のものにしたいと思ったとしても
そういうものじゃない
彼女は
『彼には彼の自立した意志がある』って思ってないのかな?

彼の意志を認めてないなら
彼が自分と過ごした1年間をどう思っているのだろう?


posted by kururu at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。