2008年03月13日

生きるということ、暮らすということ

「彼に買ってもらえば〜?」

お店で気に入ったワンピースが6万円もして
価格が身の丈に合わないので(当然)買わずに来た
と話した時の
友人の言葉

いやね、
kururu と彼は
同じ家計を二人で支えているのであって
同じ家計の違う財布から出たところで
状況は何も変わらないのよ

仮に 結婚前のカップルであったとしても
相手には相手の生活があり
人生があり
そんな中で「買ってもらう」と云うことが
どういう意味を持つのか
考えたことがないのだろう
そもそも
「買ってくれる」と「買ってもらう」は全く違う
ってことも
わかってないんだろうな〜

現金収入の『多い』or『少ない』ではないの
専業主婦だってご隠居さんだって
気構え一つで全く違う
暮らしを支えるということ
主体的に生きるということ
自分で自分を養ったことがない
他者と暮らすということも
親に養われる以外の経験がない
自分の足で立ったことのない人とは
そーいうものなのかしら

kururu も彼も
経済力は大きくないけど
『立とう』と云う意志がある
一緒に暮らしていける理由の一つ


posted by kururu at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。