2008年02月25日

「誰かいい人がいたら・・・」って?

気功教室に来ている人(男性歯科医)が
結婚相手を探しているという
「誰かいい人がいたら紹介して!」って
条件は
「子供が欲しいので35歳くらいまでの人」

でもね、その人
60歳、バツ2、前妻の元に子供あり、
なんだって
うーん。。。

仮に、 kururu の知り合いで
アンダー35歳、独身、恋人募集中、子供が産める健康体、しかも『いい人』、
っていう人がいたとしても
そーいう『いい人』は
誰に紹介してもらわなくても
自力で楽しく暮らしていると思うんだよね

このおじさん、何か際立った『売り』でもあるのかな?
確かに見た目は若いけど
『おじいちゃん』には見えない、って云う程度だし
『歯科医院経営』で経済力があるとはいえ
よそに子供がいるんじゃねぇ。。。
『人柄の良さ』を売りにするには
バツ2と云う経歴は ちょっと不利じゃない?

こういう場合の『いい人』って
どういう人を想定しているんだろう?
そんでもって
こういう風に「紹介して」って言われた場合
どんな対応をするのが適切なのだろう?


posted by kururu at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。