2007年11月18日

『学校』というシステムが

自閉症のみなさん
『学校』というシステムを理解できていましたか?

っていうか、kururu はそもそも
『みんな』とか『ともだち』とかっていう概念が
うまく理解できなかった
『子供』がいっぱい居ても それが『集団』だと認識できない
『みんな』が『集団』であるってことが やっとわかっても
その中に『自分』が含まれるってことを理解するのに
また 時間がかかる
だから
教師の「はい、みんな〜!」っていう『声』が
『自分も従うべき指示』だと分からない
いつも『みんな』より行動が遅れる

『座っていなきゃいけない』時間と
『動かなきゃいけない』時間、
『静かに話を聞かなくちゃ』な時間と
『みんなでわいわいしなくちゃ』な時間が、あるっていうのは
分かってたんだけど
いつがどんな時なのか? が難しい

『国語』の時間の漢字の練習と
『書き方(書道)』の時間のそれとの違いが分かんない
だって、kururu
『国語』の時間も 一所懸命書いてたもん
あと、
『書き方(書道)』と『図工(美術)の違いも教えてほしいところ
『真似れば真似るほど誉められる』のと
『真似たらむっちゃ怒られる』のとが有るのよね
それと
『体育』と『日常生活』
普段「モノをまたいではいけません」とか「走るな」とかって言われてるのに
「またげ」とか「跳べ」とか言われるの
混乱します

『お掃除』とか『集会』とかも よくわかんなかった
『集団スポーツ(球技とか)』は未だにむずかしい

何事につけても
事前のレクチャーがあれば
かなり理解できたはずだと思う
だから
親御さんや教師のみなさんには
自閉ちゃんへの個別のオリエンテーションをお願いしたいのです
そろそろ 4月の新学期に向けて
『何のために』『何を目指して』『どうするのか』を
丁寧に教えてあげてほしいのです


ラベル:自閉症 教育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。