2007年09月28日

カラーでぱらぱら

ついに出た!!
例のぱらぱらマンガ
しかもカラーで!

これまでは
赤い線画で
塗りつぶしは無かったんだけど
今朝のは新しいパターン

本日のキャラは
とらの子 と タヌキの子
お洋服を着て二足歩行
とらの子は レモン色とライム色のしましまのシャツ
タヌキの子は ・・・うーん、どんなだったかな〜?
じゃれ合いながら駈けて行く

次はどんな進化を遂げるのか???
kururu の飛蚊症 なかなか愉しい


ラベル:飛蚊症 自閉症
posted by kururu at 13:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。。。少し足早に読ませていただきました。いろいろと、身体の症状があり大変だと思います。その上、パニック障害を、自力で克服なさる、精神力の強さに、ほんと、kururuすごい!!とおもちゃいますね。私が今5年ぐらい治療している民間療法があり、水なのですが、飛蚊症や、視力回復、ステロイド性白内障にも即効性はないですが、少しずつ快方に向かっている人たちの声を聞きます。私は子どものアトピーで、使っていますが、理念と、説明、解説が、医療を知らない私にも、なぜ難病をひきおこすのかを、分かりやすく説明してくれます。ぜひ、ホウムページ見てください。「ardenmore.co.jp]です。ちなみに、「ムヒS」はステロイド入りです。それも、強です。
Posted by とも at 2007年11月01日 09:49
ともさん こんにちは
ようこそお越し下さいました

kururu も 20年来
西洋医学一辺倒の日本の医療行政に限界を感じています
『気』『血』『水』は アジアの誇る英知だと思います
kururu ねー
気功教室に1回行っただけで
自分の肩こり程度なら
5〜10分もあれば 解消できるようになっちゃったもん
今後が楽しみ♪

そうは言っても
kururu は西洋医学を否定してはいませんし
ステロイドについても
『医師の管理のもとに使用すれば
 大きな効果が期待できる安全な薬』
だと思っています
ステロイド ユーザーのみなさん
医師の言うことをよく守りましょうね

でね、医師にかかる程じゃないけど・・・
って云うときの発疹やかゆみには
やっぱり『ムヒS』がお奨め
同じ会社の『ムヒアルファーS』や『液体ムヒ』には
ステロイドが入っているので
素人判断で使うのはお奨めしないけど
『ムヒS』にはステロイドなどは入ってないので
わりと安全
医師の処方薬にはない特徴として
すーっとする成分(メンソール)
が入っているので 気休めになります(笑)
kururu のお奨めの理由の一つ
Posted by kururu at 2007年11月01日 13:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。