2007年08月14日

自閉症者はスケープゴートか?

以前、『出生前診断』について書いた時に
参考にお勧めした本に
ちょっと引っかかる記述が有る事に気が付いた

著者がダウン症児を愛するのは分かるんだけど
暗に自閉症者(と思われる記述)を引き合いに出して
「他人の気持ちも分かんないような子どもだっているのに
 ダウン症のこの子たちは こんなに優しく純粋で
 なんていい子なんでしょう」
ってなかんじ
未必の悪意を感じて ちょっと複雑な気分
総論は賛成なんだけど
こんな風に言うなんて がっかり
そんでもって
またまた他人の悪意に気付かなかった自分にがっかり

そんな事にも気付かないで よその人に勧めちゃうなんて
不注意でした
kururu の勧めで読んでみちゃって
嫌な思いをした人が もしも居たら
本当にごめんね

と、云う訳で
前の記事からは本の紹介を削除しました
この本↓
もうお勧めできません
残念。。。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。