2007年06月24日

kururu は 心臓弁膜症

診断名:心臓弁膜症

発病時期:不明
     でも、子供の頃から不都合があったので
     たぶん、先天性、あるいは 幼児期に発症した模様

発見の経緯:
   つい最近(30代)も
   不整脈が頻繁に自覚されたので
   心臓の画像診断してみたら
   弁(ドアみたいなもの)がちゃんと閉じてなかったの

症状:時々 不整脈が気になる
   走ったり、ちょっと激しい運動をしたりすると
   すぐに息が上がるし、脳貧血で倒れるし。。。

具体的にはどうなの?:
   心臓の中で血液が逆流したりして
   ぐるぐるしてるんだって
   要は ポンプの作業効率が悪いんだ

予後 及び 治療:
   循環器の医師と相談したんだけど
   ・普通に生活する分には命に関わる事は無い
   ・放っといても悪化しない
   ・薬との兼ね合いも心配しなくていい
   って判ったから
   放置する事にしてみた
   今さら 無理に走る必要もないしね

子供の頃から
激しい運動とかすると
すぐに苦しくなって倒れたりしてたんだけど
理由が判ってすっきりした!

それと同時に
考えてみたら
kururu は 子供の頃
自閉症で教師の指示が正確に理解できない
 + 自閉症で体の動かし方がかなり不器用
 + 心臓弁膜症で持久力なし
だったんだもん
そりゃ〜 体育の授業が苦手な訳だよね
なんだか 小さいkururu がかわいそうに思えてきた。。。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。