2007年05月10日

航空会社は優しかった

おばあちゃんのお葬式には
飛行機で行った
1人で行くのは不安もあったけど
去年 一回行っていたので
「どうにかなるよ」と思って
思いきって一人旅

前日に
航空会社のサポートデスクに電話をして
障害者が1人で利用する旨 伝えておいた
前回同様 座席に配慮してくれた

当日の朝
サポートデスクのカウンターに行って
感覚過敏が有る事を相談したら
搭乗までの待ち時間に
救護室(保健室みたいなところ)を使わせてくれた
前回はそんな事も無く
光、音、臭い の中で約1時間
かなり辛かったので
今回の配慮は本当に有り難かった

搭乗時には
赤ちゃんやお年寄りと一緒に
優先搭乗させてくれた
kururu は
「優先搭乗なんて無くてもいいかな?」
って思っていたけど
実際にしてみると
かなり楽だった
それに
優先搭乗した人を客室乗務員が覚えていてくれるので
飛行中も気を配ってくれて
安心できた

航空会社のみなさん
ありがとね


ラベル:自閉症
posted by kururu at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。