2007年04月28日

子供を産み育てるという事

子供を産むということ
子育てをするということ
哺乳類として当たり前に出来そうなことが
どうしてこんなに息苦しくなっちゃったのかな〜
日本中で、多くの母が
そして母予備軍が悩んでる
kururu も
あれこれ考えて躊躇しているうちに
随分と歳を重ねちゃった。。。

で、
煮詰まっちゃった時には
外へ目を向ければ何かヒントがあるんじゃないか?
と思って
本をアレコレ読んでみた
読んだ事で かえって気が重くなっちゃった本もあったけど
kururu のためらいを取り除いてくれた
お気楽な本もけっこう有ったよ

本を読む時間を取るのも難しいかもしれないけれど
息苦しさを感じている人は
ちょこっと時間を作って読んでみたらどうかな?

↓肩の荷が下りた本
              


ラベル: 教育
posted by kururu at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。