2007年02月27日

すり抜ける光

周囲を見渡せば
皆それぞれに何かをつかんでいる

愛ある家庭を築く人
子をなし育てている人
職業上の確かなキャリアを積んでいる人
学業の道を邁進する人
安定した生活を営んでいる人
険しい道を選んだ人
信じる道を進む人

人を羨んでいるのではない
あれもこれもと
多くを望んでいるのでもない
人にはそれぞれ
向き不向きがある
kururu の生まれ持った能力では
どうにもならない現実も知っている

でも
ままならない人生の中で
ただひとつ
心の拠り所としていた
たったひとつのそれさえも

この手から
すり抜けて行くのだろうか


ラベル:
posted by kururu at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。