2007年03月29日

共感獲得表現助詞「ね」

自閉症児における共感獲得表現助詞「ね」の使用の欠如
 :事例研究

要旨:
日本語の助詞「ね」は、
会話文の文末に付加されて、
聞き手との話題の相互共通性を表わすのに使われる。
自閉症児は
情報を聞き手と共有することに障害を有しているために、
「ね」を使わないか、
使ったとしてもまれにしか使わないであろう
という仮説に沿っての検証、考察。

kururu は
自閉症だけど 助詞「ね」をよく使う
でも
時々使い方を間違えるらしくて
うちの彼に指摘される
「そういう時に『ね』をつけると
 知ったかぶりをしてるみたいだよ」
とか
「バカにされてるように聞こえる」
とかって

思い返せば
子供の頃に
kururu の思いもかけないところで
親や教師が気分を害して
訳も解らず叱られてたのは
そういう誤用のせいだったのではないか
とおもう

よく間違える kururu だって
間違いをその場で教えてもらえれば
「そういえばそうかも」って解るよ
自閉症児者の周りのみなさん
そう云う間違いは
大目に見るか
正しい言い方を優しく教えてあげてね


ラベル:自閉症
posted by kururu at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。