2006年11月29日

教育基本法改正?

さっきの続き

いじめ とか 不登校 とか ストレス とか 自殺 とか
はっきり言って
日本の学校制度が行き詰まっているんだと思う。
本来の学校のするべき事を超えて
あれこれやり過ぎて 窮屈になっちゃったんだよ。
だって、例えばお稽古事で
自殺者まで出すようないじめってあんまり聞かないでしょ?
行くも自由、止めるも自由、他にもいろんなところが選べる、
となれば、行かない自由も保障される。
生徒が減ると経営が行き詰まるので
顧客サービスとして 学校経営者も教師も
いじめ問題に本気で取り組むようになると思うよ。
そろそろ緩めて行きませんか?(→文部科学省の皆さんへ)

教育の選択肢がもっとあればいいのに と思う。
学区制の緩和(公立学校選択制)とか
私立校を増やす とか
そんなチマチマした事ではなく
教育基本法のカリキュラムに関する部分と
設置者(運営者)に関する規定をもっと緩く出来ないかと。
カリキュラムに関して云えば
例えば
教科書やテストを排除した学校、とか
小学1年生には文字や数字を教えない学校、とか
思いきって 本当の意味の『フリースクール』を実現している学校、とか
朝礼や運動会の類いの軍隊的な教練をしない学校、とかね。
もっと云えば、ホームエデュケーションだって良いはず。
この国は戦争を放棄している訳だし
教科学習の面でも
義務教育終了時点で 他校と差がなければ良い訳でしょ、要は。

そんなこんなを考えるにつけ
教育基本法の見直しは
愛国とか、そんな『学校の仕事じゃない部分』まで強要する方向に ではなく
『育ち方』に関する個人の選択の幅を広げるような方向に
進んでほしい。
そんでもって
日本でも『教育バウチャ−制度』が実現するといいな〜
と思っている。

安倍さん、もっとアピールして下さい!!



ラベル:教育
posted by kururu at 21:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
愛国心教育が行われると、先生は子どもの個々の内面に気をかけるより、愛国心の「到達度」が気になってしかたないでしょうね。先生自身もその「到達度」で評価されるんでしょうから。

安倍首相が外遊するのは8日だから、与党は6日までに参院委員会で採決するかどうか決める可能性大です。8日にも通過するかも。意見を言う時間はないので、よろしくお願いします。

12.6 国会前ヒューマンチェーンほか
http://pepop.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=133&forum=1&post_id=472#forumpost4

http://www.kyokiren.net/_action/rinji

国会議員に意見を言うなら(FAXがいい)
http://www.kyokiren.net/_misc/san-toku1

国会前アクションの様子(ビデオ)
http://vpress.la.coocan.jp/vptv.html
Posted by ohta at 2006年12月06日 15:23
国を愛せと言うならば
ここの国も
お隣の国も
もう少し先の方の国も
地球の裏側の国も
名も知らぬ小さな国も
全ての国を愛せ
と、
ちいさい人達に教えてほしいです
そういう国であってほしいです

既に6日夜です
Fax 送ろうかな
Posted by kururu at 2006年12月06日 18:27
kururuさん、レスありがとうございます。

何とか、安倍首相外遊前までの採決は食い止めることができましたね。是非意見を言ってみてください。

6日はヒューマンチェーンに参加してきました。上記サイトにも当日のビデオがアップされています。毎日も記事にしています。

人間の鎖:教育基本法改正に反対し3500人が国会前を
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061207k0000m040101000c.html

国会議員を対象にした教育基本法が必要かもしれませんね。
Posted by ohta at 2006年12月08日 19:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。