2006年11月21日

爪を切るのに1週間

身体能力には何の問題も無い。
知的レベルもたぶん関係ない。
なのになのに
爪を切るのに1週間
下手したら半月くらいかかっちゃう。
自立支援法の認定に来た役所の人も
レポート書くのに かなり困ってた(笑)

「あ、爪 伸びて来た」
「爪 切ろうかな」
「爪切り出さなくちゃ」
「どの爪から切ろうかな」
「なんか変な形になっちゃったな」
「ぎゃ!切り過ぎた!!」
「次はどの爪にしようかな」
「あ、ここ、ひびが入ってる」
「あれ?足の爪あんまり伸びてないや」
「足の爪ってどんな形に切っても
 失敗したような気がするから不思議。。。」
「ふう、終わった終わった」
「・・・? あれ?切り忘れがあった」
「ってか、右手の爪 1本しか切って無いじゃん。。」
「爪切り出さなくちゃ」
「どの爪から切ろうかな?」

・・・・と、繰り返すんだけど
そのひとつひとつの合間に
他の用件が入り込んで来て 中断しちゃう。
「あ、ご飯が炊けた!」とか
「宅急便呼ばなくちゃ」とか
「洗濯が終わったから干さなくちゃ」とか
「あ、おかえり〜」とかね
んで、
数分とか 数時間とか 数日とか簡単に経っちゃう。
気が付けば
「あ、爪 伸びて来た」から「完了」まで
余裕で1週間くらいかかってる。

気が散らないように
『何曜日の何時から何時は爪を切る』
とか、決めちゃえばいいのかな〜?

他の自閉症の人、
それと ADHD の人、
みなさん どうしてるんでしょうか?


ラベル:自閉症
posted by kururu at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。