2006年11月08日

安心して食べる(2)

自閉症者が安心して食べられるもの のお話。

kururu の イヤな要素の例(これは個人差が大きいいはず)
味覚・嗅覚:
 ケミカルな味はびみょ〜
 食事が甘いのはイヤ
 調味料は いつも決まったお気に入りの銘柄を購入
 肉臭いのは好ましくない
 牛乳臭いのも苦手なのでイヤじゃない銘柄(いつもいっしょ)を購入
 マーガリンは上あごと鼻が通じてる辺りが気持ち悪い
 プリンは好きだけどパンナコッタはいまいち
 ワインは酸化防止剤の入っていないのだけを買う
 ビールは好きだけど日本のドライはキライ
 日本酒は ちいさい瓶で冷蔵庫に入って売ってるやつしか飲めない
 (詳しくないので分類名が判らんけど『何とか吟醸』って云うのかな?)
口の中の触覚:
 お浸しの葉っぱ部分(茎じゃない所)は
 茹で時間10秒以内じゃないと気持ちが悪い
 ご飯もかためが好き
 おかゆは好きだけど 軟らかい御飯の表面がべたつく感じは好きじゃない
 市販のすり胡麻の角が口に当たるのが不快、胡麻は自分ですり鉢でする
 堅焼き煎餅も欠片の角が口に当たるのも同じ
 茄子の皮やインゲンの表面(中途半端にシナっとしたやつ)が
  歯に擦れてきゅきゅ!ってなるのが耐えられない!!       
見た目:
 変にカラフルな原色のパッケージのはコワイ
 ちいさいタコ、イカ、白魚、ワカサギ等
  姿のまんまでお皿にのっているのはちょっと。。。
  でも、シラスはOK
 お刺身の活け造りは悪趣味だと思う
その他:
 噛むのが負担、あんまり噛まなくていいものは大好き
 (注:流動食ではありません)
 食べる時に手がべたべたするのはイヤ

うわ〜
列記してみたら
すんごい偏食みたいだよね(笑)
いえいえ、普段はイヤでも食べてますよ。
コンディションが悪い時は 話が別だけどさ。


ラベル:自閉症
posted by kururu at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。