2006年10月20日

自閉症者の災害時への備え(3)

玄関に
非常持ち出し用の おっきいリュック と トレッキングシューズ
を常備している
ここには、丸一日 命をつなぐものと
避難先でも支給されなそうなものを

診断書(意見書)、保険証、診察券、障害手帳
  本物は普段から持ち歩いているので ここに入れてあるのは全部コピー
・常用している薬、薬のリスト
  リストは 処方箋 と 薬局でもらった解説書 のコピー
  薬は20日分
  医師に事情を説明して、非常用に 余分の薬を入手してある
・水 500ml×2本、ストロー型 浄水器 ×2本
  水さえあれば とりあえず生きていけます
・チョコレート、魚肉ソーセージ、ティーバッグ
  非常用の日持ちのするチョコレートが売ってるんだよ
  チョコレートは 不安な時に安らぐかと思って
  魚肉ソーセージは 蛋白質を多く欲する kururu の体質を考慮して
  ティーバッグはお茶好きの kururu の心を安らげるために
  喫煙する人はタバコなんかも用意しておくといいんじゃない?
  何れも 事前に食べてみて
  コンディションの悪い時でも口に出来るものを
・ビタミンとミネラルの錠剤
  支給された非常食が口に合わなかった時に備えて
・耳栓、風呂敷、
  風呂敷は 着替えの目隠し や 防寒の意味もあるけど
  kururu の場合は
  パニック時のシェルターとしてもね 
・マスク、トレッキングシューズ、帽子
  がれきの中を歩くことを考慮して
  マスクは 普通の使い捨て ×10枚くらい
       + ホコリとアスベスト対策の防塵マスク ×2個
  トレッキングシューズ(簡易な登山靴)は 履き慣れたもの
  帽子はヘルメット代わり
・木綿の手袋、軍手、キャンプ用の革の手袋
  手の保護に
・着古した下着類、Tシャツ、靴下、スリッパ
  kururu は身に付けられる衣類が 天然素材限定なので
  支給品が着られないかもしれないし
  非常時には ぼろっちくてもいいので
・純石けん、石けん用リンス、木綿の手拭い
  合成洗剤のアレルギーがあるので
・爪切り、耳かき、櫛、鏡、アルコールスプレー
  阪神の被災者が「ほしい」と言っていたので
・ティッシュ、その他 衛生用品
  過去の被災地では女性用品が不足したそうです
  トイレの意志を訴えるのが苦手な人や
  早めに訴えることが出来ない人には
  携帯トイレ や おむつ も必須
・懐中電灯、携帯電話用充電器
  手動で発電できるやつ
・小銭


【これも読んで☆↓】
2011年03月14日
ちょっと TV を消してみよう

2011年03月12日
地震で不安になっちゃってる人へ

2006年10月20日〜23日
自閉症者の災害時への備え(1)〜(4)


ラベル:自閉症 地震
posted by kururu at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。