2006年11月30日

国民年金の支給基準が判りません

生活保護は「貧乏だから」支給、
年金は「心身に困難を抱えてるから」
あるいは「保護者のいない幼年者だから」支給、
のはずじゃなかったっけ?

障害年金を受給していると
数年ごとに『現況届』ってやつの提出を求められるけど
『先天性の障害』を理由に支給している自閉症の受給者に
どんな生活をしてるか 聞いてどうするんでしょう?
生活保護じゃないんだから
暮らしぶりによって額を調整するのは違法でしょ?
精神障害者の就労は 障害の存在を否定するの?
身体、知的、精神、の障害はそれぞれ個別に考慮すべき物で
例えば、『五体不満足』の乙武くんは
自力で歩行(?)できるから、とか
頭がいいから、とか
職業を持っているから、とか
現金収入があるから、とかの理由で
支給が停止されたりするのでしょうか?
でも、精神障害者に関しては
「頭がいいから」とか「体が動くから」とか「職業が有るから」とか
言われがち。
はてはて???

更に良く判んないのが老齢年金。
やっとこさ就労している障害者より よっぽど能力の高い高齢者は
沢山居るよね。
それこそ暮らしぶりを調査して支給額を決めるべきなんじゃない?
高齢者に基礎年金を支給する根拠は何なのか?
いちいち調査するとなると 事務費がかかり過ぎるって事かな?

もう一つ判んないのが遺族年金。
「現金を稼いでくる保護者が居ない幼年者は 成育が困難だから」支給
なんだと思っていたんだけど
よく考えたら、はじめっから一人親の家庭の子供とか
親は実在するけど、浪費しまくりで家計が成り立っていない家庭の子供とか
親が死んだのと同様に困難な状況の子供はいっぱい居るよね。
なんで、そー云う子供には支給されないのか?
『親の因果が子に酬い』ちゃうのは憲法違反ですよ。

年金行政、全くもって意味不明。
その辺に詳しい人がいたら
ご解説お願いします。

実は彼の本↓読んでません。。。すんません
  


ラベル:社会保障
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。