2012年02月02日

『言語処理を司る脳部位、位置が違っていた 米研究』

AFP BB 2012年01月31日
『言語処理を司る脳部位、位置が違っていた 米研究』

【抜粋↓】
【1月31日 AFP】言語処理を司る脳部位がこれまで考えられていたのとは違う場所にあったとする研究結果が発表された。医学書を書き換える必要があるという。

 1800年代後半にこの部位の存在を提唱したドイツの神経学者の名前にちなんだ「ウェルニッケ野」は、大脳皮質の後ろ側、音声を知覚する聴覚皮質の後ろにあると長らく考えられてきた。

 だが今回、米ジョージタウン大学メディカルセンター(Georgetown University Medical Center)のJosef Rauschecker教授(神経科学)のチームが、MRI(磁気共鳴画像撮影装置)かPET(ポジトロン放出断層撮影法)を用いて脳の言語知覚を調べた研究115本を分析したところ、ウェルニッケ野の新たな位置が判明した。実際は、3センチほど脳の前面に寄っており、聴覚皮質の後ろではなく前にあったのだ。

 Rauschecker氏は、「患者が発話できないか話が理解できない場合、脳のどこが損傷したのかに関してすばらしい手掛かりが得られた」と述べた。

 なお、霊長類も今回明らかになったのと同じ場所にある部位で言語を処理していることが分かっている。「人間と霊長類の間の(言語の)構造と処理は多くの人が考えているより似通っているかもしれない」とRauschecker氏は指摘した。(c)AFP

ラベル:医療 本とか
posted by kururu at 20:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい発見だね!
Posted by kohaku at 2012年02月03日 17:04
本当のサイエンスとは、このように「知識」を「更新」してかなくてはならぬもののようです。 余りにも「思い込んだりしたもの」は、サイエンスとは別物らしい。
Posted by 赤の他人 at 2012年02月07日 08:38
こーいうの、ほんと わくわくします (゜▽゜)

現代医学で分かってる事って
実はほんのちょびっとなんですよね。
大半の事は「たぶんこんなかんじ」とか
「仮説を立てて やってみたら効いたからそーいう事にしておこう」とか。笑

そんな中
どんな小さな事でも
新たな事実(と思われる事)が発見されるって
実は大ニュース☆!
Posted by kururu at 2012年02月09日 02:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。