2006年09月26日

作業療法、園芸療法、箱庭療法

いや、正確な定義や具体的な内容は知らないんですけどね。
「こんな感じかな〜」って云うイメージが
頭の中に有る。

んで、自分の生活を考えてみると
そんな感じの作業を自己処方している事がよく有って
それがけっこう良い効果を出してるの。

手芸は『作業療法(と勝手に呼んでる)』
園芸は『園芸療法(同上)』
あと、雑誌等から切り抜いたインテリアの写真で
理想のお部屋をイメージしたファイルを作ってるんだけど
それって、小さい人が遊ぶ『お人形のおうち』と似てる気がするので
私の中では『箱庭療法(同上)』なのだ!
だから昨日のベランダ園芸も『園芸療法』。

何か生産的な事をしようとするのに何もできなくて
気持ちばかりが焦って
気分が沈んで
(それってやっぱり鬱?)
そんな状態の時に、とりあえず↑の作業のどれかを始めてみると
もやもやがすっきりして気持ちが落ち着く。
あまり好きな言葉じゃないけど
流行りの言葉で言うところの『癒し効果』ってやつ?

そー云う療法を考えた人って天才だと思う。
その人も 脳みそがちゃんと働かなくて困ってたのかな?


ラベル: 自閉症 手芸 園芸
posted by kururu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。