2011年11月30日

尺骨突き上げ症候群 (´・ω・`)

という名の
整形外科的新案件が浮上しました。(´・ω・`) (´・ω・`)

なんかさー
手首の小指側にくるぶしみたいな出っ張りあるじゃん。
右手のその辺りが1日おきくらいに痛くてね。
半月くらい前からかな〜。

で、毎度の悪い癖で(これ
「うやむやにしといたら そのうち治るかな」
なんて思ってたんだけど
どうも うやむやになってくれない様子なので
観念してお医者さんへ行きました。

手首を小指側に曲げて力を入れると痛いみたい。
お医者さんに言われて
そーいう場面を思い起こしてみた。

思い当たるのは
やかんの持ち手。
うちのやかん
持ち手が上についてて ぶら下げるように持つタイプ。
毎朝1.5lのお湯を沸かして持ち上げてるんだけど
確かに、これ持つとけっこう痛い。
お湯を注ぐのに傾けると尚痛い。
あと、アイロン。
やかんとかアイロンとか
上に持ち手があって重たいときついみたい。

尺骨突き上げ症候群って
骨の長さの問題らしいので
自然に治るとも思えないし
やかん買い替えなくちゃかな。。

そんでもって
パーカッションは大丈夫かな。

…ってか、 kururu の尺骨
いつから長かったの!?
こっそり何十年も長かったのかな〜笑。


posted by kururu at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。