2011年11月19日

『アロマキャンドルや芳香剤がアレルギー症状を誘発、米学会』

ってか、その前に
吸い込んだ時に苦しくない?
その息苦しさって
体がちゃんと警告を発してるんだと思う。

お部屋の消臭剤も同様
シュってしてる場合じゃないよ☆
体の声を聴きましょう。
アロマキャンドルや芳香剤でアレルギーの危険性.png

AFP 通信社 2011年11月15日
アロマキャンドルや芳香剤がアレルギー症状を誘発、米学会
【概要↓】
 もしも、あなたが目のかゆみ、鼻水などのアレルギー症状に苦しんでいるなら、その原因はほこりや花粉ではなく、アロマキャンドルや芳香剤にあるのかもしれない。

 米国アレルギー・ぜんそく・免疫学会(ACAAI)の総会声明文:
芳香剤やキャンドルは「アレルギー症状を誘発したり、既存アレルギーを悪化させるうえ、ぜんそくを悪化させる危険がある」。

 芳香剤の香りは「爽やか」に感じられるかもしれないが、こうした製品の多くは多種の揮発性有機化合物(VOC)を含んでいる。VOCは、小児ぜんそくリスクとの関連性が指摘されている物質だ。そのうえVOCは、目や気道の炎症、頭痛、めまい、さらには記憶障害を引き起こす危険性もあるという。

 また、「天然成分100%」をうたった製品や無香性の製品でも、有害な化学物質を放出する可能性があるという。
 こうした危険を避ける最善の方法は「芳香剤が発する汚染物質にさらされないことだ」。言い換えれば、ラベルに「グリーン」や「オーガニック」と書かれていようが、芳香剤やアロマキャンドルは一切使わず、窓を開けて換気することがベストということだ。



posted by kururu at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。