航空会社の対応は?/チェックイン編,障害とか病気とかいろいろあるけどなんとなくしあわせな kururu のまいにち" />

2006年08月25日

飛行機 航空会社の対応は?/チェックイン編

先日書いた『申請編』のとおり
ちょっとした実験中。
日本の航空会社は自閉症者にどんな接し方をするのか?

空港に着いて お土産買って いざチェックイン。
電話で指示された通り 1時間前に専用カウンターへ行く。
航「ほんじつお加減はいかがですか?」 k「ぼちぼちです」
感じ良し。

k「今日 混んでますか?」 航「ほぼ満席でございます」
予想外。まいったな。。。
航「実は本日 修学旅行生が入っておりまして」 k「え・・・(困)」
航「客室後方の席に中学生が団体で・・・」 k「・・・(半泣き)」
航「kururu様のお席ですが 出来るだけ前方にお寄せ致しましょうか?」
k「そーして下さい(懇願)」
1時間前に来た甲斐があったみたい。
前から2列目の席にしてくれた。
最前列は非常時の脱出お手伝い係の席なので当然不可だから
本当に『できるだけ』の事をしてくれた模様。
もちろん窓際2人並んだ席。

航「空港内や機内で何かお手伝いいたしますか?」
k「搭乗までの時間、静かな場所で待ちたいのですが」
航「恐れ入ります。専用のお部屋はご用意しておりませんが。。。」
k「『○○ラウンジ(有料)』っていう所はどうですか?静か?」
航「いかがでしょうか。。。」
ま、他の客次第ってことか。

実は もっとアレコレ訊かれるんじゃないかと思っていたんだけど
(知的障害の有無とか パニックは有るかとか)
良くも悪くもそれ以上の事は訊かれなかった。
基本的にkururuは、サービス業における障害者への援助は
要請された事以外は訊く必要はないと思っているので
今回の航空会社の対応はなかなかの好印象。

空港は楽しい↓
空港.jpg


posted by kururu at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。