2006年08月16日

『うるさい日本の私』(←タイトル借用)

前回の通院時
一人で駅へ向かう。
家を出る時からなんとなく気がざわついていたんだけど
駅に着いたら、もう、居ても立ってもいられない感じ。
人のざわつきに加えて スピーカーからのアナウンス、
換気の音に、券売機や自動改札の機械音と電子音。
エレベーターまで何か言ってる。
もう、すっかりパニック
半泣きで うちの彼に電話をかける。
「もう、びょーいん行けない。。(涙)」
しかし 長年一緒に暮らしているだけあって
さすがに慣れたもの。
「そこに居るから悪いんじゃないのー?
 耳栓をして 早くホームに降りなよ。」
おかげさまで なんとか病院へ行けました。

鬼門は駅だけじゃない。
スーパーマーケットが苦手。
音と光と人の渦に負けて 買い物出来ずに帰って来ちゃったり。
八百屋さんや魚屋さんが苦手。
おっきい声で呼び込みするから。
ま、前を通らないようにしているんだけど。
ドラッグストアーやディスカウントストアーが苦手。
スピーカーからバキバキ音を垂れ流すから。
チェーンのファミレスや居酒屋の店員が苦手。
突然大声を出すから。
「いらっしゃいませ〜」って、座ってる客の頭上で叫ぶなよ。
地下鉄や高架下が苦手。
耳栓着用でも泣きそう。

日本は超高齢社会へ向かって
どんどん『高齢者にやさしい』社会になるらしい。
『自閉症者にはひじょーに厳しい』社会にね。
はぁ。。(ため息)
 


ラベル:自閉症
posted by kururu at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。