2006年08月05日

kururu は 解離性障害

診断名:『解離性障害』
    *解離とは
    「意識、記憶、同一性、又は環境の知覚といった
     通常は統合されている機能の破綻」ってこと

発症時期:幼児期

症状:空想にふける、ぼーっとする
   集中し過ぎてまわりに起こる出来事に気付かない
   ぼーっとしていて時間の経過に気付かない
   自分に起きていることが夢のようでとても現実だとは思えない

もうちょっと主観的に言うと:
   自分と現実世界との間に
   ふわふわとした壁のようなものを感じる
   時間の経過の感覚がヘン
   明らかに時間(記憶)がとんでることも
   周りの世界のスケールが歪む
   (部屋や部屋にあるものの大きさや距離の感覚がゆらぐ)
   自分の視点が体のある位置から離れる(幽体離脱?)
ラベル:解離
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。