2006年08月03日

kururu は パニック障害

診断名:『パニック障害』

発症時期:12歳

発作の内容:ストレスによる過呼吸、
      及び、それに付随する
      手足&頭部のしびれ、麻痺、頭が冷たくなる感じ、
      程度によっては 意識消滅、など。
      救急搬送された事 数回。

現状:発作のピークは20代前半で過ぎ、現在は年に数回の発作があるのみ。
   もう慣れているので(笑)
   発作時には自分で吸気の管理をして対処が可能。
   救急のお世話になる事もない。

その他:自閉症のせいか、はたまた 元来の脳天気な性格のせいか
    自分の行く末を案ずる能力に欠けているようで
    生命の危機を感じた事はない
    一般にこの障害は
    生命の危機を思うような強い不安を伴う事が多いらしいが
    kururu の場合は、発作が起きても「あー、また来たか」って感じ
    「変な転び方して怪我しないようにしなくちゃ」とか思うばかりで
    何故か不安は皆無
    でも、診断基準はバッチリ満たしているので
    正真正銘の『パニック障害』
ラベル:パニック障害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。