2011年01月28日

劇太りの原因は

以前に書いた 昨夏の劇太り(これ
原因は5月から採用した新しい抗鬱薬だったみたい(これ
鬱の急性期には随分助かったけど
その後は効いてんだか効いてないんだかよく分かんなかった
効果不明なのに食欲だけはばっちり亢進(笑

で、4ヶ月で 10kg 増
そこまで気づかないなんて
自分でも「どうなのよ?」って思うんだけど (∩_∩)ゞ
毎日 体重だけは計ってたのに体重グラフが見れなくて
(←PCのフラッシュプレイヤーが壊れて)
数字だけだと
日々の変化が小さいだけに全く危機感が湧かず・・・ ←\ ( ̄▽ ̄) おい!
思えば確かに 手やほっぺの感触に違和感は有ったけど
深く考えてなかったの

夏の終わり(服薬開始から4ヶ月後)
久々に体重グラフを見たら
ん?☆!?

はっと気づいて医師にも話して
それ以上増えないように 自分でも生活に気をつけてみたんだけど
その抗鬱薬を飲み続けながらだと キープするのがやっとこさ
体重ぜんぜん戻らない(嘆


普段からアトピーなどを診てもらっている漢方医に相談したら
「鬱に効く漢方薬、あるよ〜」とのこと
試してみたら結構効いた☆
双方の医師と相談して
鬱のケアは 漢方薬に切り替えました(抗鬱薬は服薬中止)

以降、食欲が正常化し
体重も年末まで じわじわと微減  ほっ(・o・)
大晦日以降は急減したけど(これ)、夏に蓄えた分で賄えた♪

薬って、個人個人で「合う・合わない」があるよね
この薬は kururu には合ってなかったみたい

体重の急な増減は不健康だけど
今回は結果的に帳尻が合ってるので、まあ良しとしよう (∩_∩)v
めでたしめでたし


ラベル:
posted by kururu at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
薬の調整って個人差が大きので大変なんですね。

でもまぁ体重の方は
帳尻があってよかったですね。
てか羨ましいです。

わたしはここのところ
前に屈むとお腹がつっかえます・・・。

危機感と体重ばかりが募ってます。
Posted by キャットテール at 2011年01月28日 23:57
> 薬の調整って個人差が大きので大変なんですね。

今回は、油断してましたね
新しい薬を採用したら
もうちょっとちゃんとセルフモニタリングしとかないと

あとね
個人差の大きいことだけど
web 上に言葉をのせると誤解されて広まるリスクもあるので
blog に書く時は表現に迷います
今回は
血圧下がるは、鼻血はでるは、あ、あと便秘にも悩まされました
で、食欲が出過ぎで太ったりとか
『個人的に』『体質に』合わなかったんだと思うんだけど
そこをどう書くか 悩ましい〜

> 危機感と体重ばかりが募ってます。


今回思ったんですけど
体って、必要なだけ食べて 必要なだけ溜め込むものなんじゃないかと
ホルモンや脳内物質のバランスとか、
ストレスの帳尻合わせとか、臓器の冷え対策とか
あ、もちろん 食事の栄養バランスとか
諸々の事情で、体が必要とするから食べる
頭で、意思の力で「痩せたい」って思っても
体の事情が解決されない限り、脳は「食べろ」と言い続ける

個体を守るために体が頑張って溜め込んだんだと思うと
おなかのお肉も愛おしくなったり(笑
Posted by kururu at 2011年01月29日 10:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。