2010年10月19日

『わからない』ってこういうことです

目の見えない子に
他の子供と同様の絵を描けと要求するような
耳が聞こえない子に
他の子供と同様に歌えと要求するような

「空は青でしょ」
「青いクレヨンで塗ればいいのよ 簡単よ」
「そうじゃないでしょ」
「そこはお空じゃないでしょ」
「何回言ったら分かるの」
「お空は何色で塗るの? そう、青でしょ」
「青いクレヨンはそれじゃないでしょ」
「よく見ないから間違えるのよ」

褒められたいから 一所懸命考える
青いクレヨン、確かこの辺の・・・
あ、おこられた
また間違えちゃったみたい 
よく見てって言われたら顔を手の方へ向けるんだよね
そーしないとおこられる
言われた通り ちゃんとお顔を向けてるのに
青いクレヨン、よくわからない
お空って、よくわからない

自閉症でも同じこと
「○○したら、お友達が悲しいでしょ」
「こういう時は、ちゃんと言わなきゃ」
「おかあさん、いつも言ってるでしょ」

「そうか こーいうときはこーするのか」
なんて思ってやってみるのに 上手く行かない

大人になっても
上手く行かなかったことについて
「周囲の反応からして、どーやら自分がミスったらしい」
とは想像できるんだけど
「じゃあ、あのときどうすればよかったのか」
は、皆目見当がつかない

周囲は思う
「思いやりがない」
「反省してない」
「誠意がない」
「どうして優しくしてくれないの?」

周りのみんなには当然のこと
自分だけがわからない
自閉ちゃんの孤独
タグ:自閉症 教育
posted by kururu at 15:23| Comment(5) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わーいkururuさんだー。
ヒトは自分と違う人・ことを認めるって難しいんですね?きっと…?
Posted by くりす at 2010年10月23日 02:23
更新にホッと\(^o^)/

息子も年中私に
「自分の何処は悪いのか?」と聞きます。
彼も今、職がないまま友達もないまま。
「おれの孤独が分かるか?」
と問います。

人はみな孤独。
健常であっても人の本当の部分は分からない。
同じでは?と私は思います。

息子は母より強い孤独だと言います。
そうかもしれません…
Posted by みかん at 2010年10月29日 07:37
気持ちがあるのにどうすることもできないって辛いことですね。
あたりまえとか、先入観が邪魔するんでしょうね。

理解してほしい側と理解したい側
気持ちはひとつなのにもどかしいです。

ちび兄ちゃんにはどうやって接したらいいのか???な日々です(´・ω・`)
Posted by kohaku at 2010年11月01日 15:38
みなさん ありがとう
こうして気にかけて 言葉をかけてくれる人がいるって思うと
孤独感が和らぎます

元気な時だったら、その事を常に忘れず 明るい気持ちでいられるのに
ちょっとダメージを受けると だめですね〜
途端に希望が見えなくなる

> ヒトは自分と違う人
> 人はみな孤独
> 理解してほしい側と理解したい側

そうなんですよね〜
元気な時なら その孤独を「それはそれ」として暮らせるのに
困ったもんです

重たい気持ちの毎日から
コメント読んで、持ち直して
けど、また 暗〜いきもちが押し寄せて来て
また励まされ

ほんと 助かってます
救われていると言った方がいいかも
ありがとう
Posted by kururu at 2010年11月03日 15:33
これは多くのアスペ本などに結構な割合で書かれていそうな
特徴だと思うのですが、PDD圏の人は言外のコミュニケーションが
不自由なので内容を理解をするための方法として、
その『言外』を『言語化』して、『具体的』または『体系的』
(視覚優先に物事を捉える傾向があるそうなので)
に説明する必要があるのかと思います。
孤独になりがちなのは、その『言外』を感知する
アンテナやセンサーに障害があるせいかのか、
例えるならば目隠しをしてスイカ割りをしている様な
状態だと思うので、時々空振りだったり場合によっては
人に当ててしまったり、
その結果、相手に対してどうしても時折、
慇懃無礼になってしまうのではないかと。
Posted by 通りすがりのHFPDD at 2013年04月01日 12:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166264371

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。