2010年05月10日

「そういう意味での愛は、今まで一度も持った事がない」byうちの彼

ネガティブキャンペーン展開中の彼が言う
「俺は あなたにはもう興味がないし 愛情もない」
なるほどね〜

けどさ、
彼が使った『愛情』という言葉には
どうも違和感を覚える
ので
kururu の考えを伝えてみた
『愛情』っていう言葉があるけど
『愛』と『情』は別の物だよね
『恋愛』ってのも同じで
『恋』と『愛』は別の物だし・・・

『恋』とか『情』とかってのは
Emotionalな物(=情動)で、
何かのきっかけで脳内のスイッチが入っちゃって
(↑恋愛初期とか、子供が産まれたとか、ちやほやされた、とか)
頭ん中に自前の麻薬が出まくって
幸せに酔いしれている状態
「(自分が)好きな人だから一緒に居たい」
「(自分が)嬉しいから何かしてあげたい」
つまり、自分の内からわき出す『欲』にしたがって
「自分がしたいこと」をしている状態

対して
『愛』ってのは
意思と覚悟の問題
「相手のために」「社会のために」「世界のために」
と、
意思と覚悟に基づいて他者のために行う 継続的な行動

対する彼の回答は
「そういう意味での愛は、今まで一度も持った事がない」

あー、そうですか
傍から見ると『正義の人』に見えますよ
そんでもって kururu の考えでは
『正義』は『愛』の一形態だと思いますが

これも 更なるネガティブキャンペーンなのか
はたまた
これまでの kururu の認識(彼=正義の人)が間違っていたのか
はて . . .(・ ・?)


ラベル:考える葦
posted by kururu at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。