2010年05月11日

イエスさんは愛を説き、仏陀さんは徳を説く

キリスト教では
『博愛』を説くじゃない
・なんじの隣人を愛せよ
・敵をも愛せ
・病める時も健やかなる時も

こーいうのは 何となく聞き覚えがあって
「なるほど〜」なんて納得もし( kururu の考えの元はこれ)
kururu も人生の道しるべ(の一つ)として来た

対して 仏教は
キャッチーで象徴的な定型句が無いせいもあり
その思想が一般社会に浸透していない
kururu もなじみが無くて
あまり考えた事が無かったんだけど

日本の仏教では『徳』を説く
そんでもって、『縁』も大事
・善い友と交わることは 仏道修行のすべて
・悪縁を絶つのも一つの修行

むむむ・・・そう来たか
現代日本で
ふつーに育って ふつーに暮らして来たつもりなんだけど
仏教の事、知らなかったな〜

kururu さー、
『病める時も健やかなる時も』の思想で
「DV以外の理由では離婚はしない」
と決めていたんだけど
仏さまは『悪縁を絶て』とおっしゃる

今、うちは
経済的&精神的DVが・・・
まあ、この状況も『病める時』とも捉えられるけど
そんな中にあって
『病める時も・・・』をどこまで実践出来るか

仏さまに『悪縁を絶て』と言われると
「彼との縁は 今となっては『悪縁』なのだろうか」
と迷いが出る

ついつい楽に流れそう
はてさて
自分の進むべき道は如何?

【仏さまの言葉を教えてくれた本↓】
特集の『真似のできない仕事術2』の中で
比類無き仕事人の一人として紹介されている
浄土真宗の若いお坊さまが(この人
現代人にも理解しやすいお話をしてくれてるよ
「"信じる"を信じない」とか
「"御縁"を見極める」とか

BRUTUS ( ブルータス ) 2010年 5/1号 [雑誌]


ラベル:考える葦
posted by kururu at 13:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしはキリスト教信じてますが、信じていてもも人を愛すというのはむずかしいです〜。たとえば、自分と人の意見が合わないときとか、息子と外出して人にいやな顔されたときとか、イエス様を信じていても、人の言葉一つや、出来事に左右されます。
kururuさんはどおですか?

でも、この世界を作った神様は人間のように不安定ではなく、永遠に変わらないお方です。そして、わたしを愛し、わたしを尊く思い、信じていていると、聖書を通して語っています。

そのことを知ることで、まず、日々出来ないことや困難という重荷も、一人で無理してしょわないで、イエス様にそのつどお祈りして、重いとこをわたしてたすけてもらうことを覚えました。

人を愛するのって難しい。とくに自分の状態もよくないときとかは。でもね、今は、出来ない自分も責めません。

と、いうのは、わたしは人間で、人の愛には限りがあって、でも上がり下がりながら神様から愛をもらって、助けてもらって、少しずつでも成長するようにとスタートラインに立てたから。

悪く思える経験も含め必ずすべてを益としてくれると、聖書(かみさまのことば)は、はっきり言っています。将来にある希望を知ることで、わたしは何年も体10箇所ぐらい不調だったところから開放されてすごくげんきになりました。

長々と読んでくれてありがとう。kururuさんも彼も神さまが愛してるよー。
Posted by くりす at 2010年05月17日 13:16
コメンとじぶんで消せないのね・・・kururuさんの最近のいちばん大変なとことばしちゃって読んでなくてコメントしちゃったよ。きょうげんきしてる?
Posted by くりす at 2010年05月20日 01:23
くりすさん ありがとね
普段なかなか触れる機会のない
イエスさまの教えを聞かせてもらって
混乱した頭ん中を整理する助けになってます

宗教という偉大な人智の蓄積と
くりすさんの愛は
最近のことを読んでても読んでなくても
すこしもかわりませんから・°`☆

で、
信じる神様がいても迷いはあるのですね

> 日々出来ないことや困難という重荷も、
> 一人で無理してしょわないで、
> イエス様にそのつどお祈りして、
> 重いとこをわたしてたすけてもらう

なるほど〜
私は
イエスさまも含めて いろんな神様が居るんだろうと考えてて
(草葉の陰やお山やお空にいる精霊に近いイメージ?)
しかもかなり日和見的に思い出すだけなので
(つまり、特段の信仰心はない)
神様に重荷を背負ってもらおうなんて言うのも気が退けますが
神様じゃなくても誰かと話すことで重荷が軽くなる事ってありますよね
誰だって、一人では背負いきれない重荷を負う事もあるだろうけど
一人で背負わないって大事

> わたしは人間で、人の愛には限りがあって、
> でも上がり下がりながら神様から愛をもらって、助けてもらって、
> 少しずつでも成長するようにと・・・

うんうん 少しずつでも成長するように、ですね

こうしていろんなお話を聞いて もう少し考えなくちゃ
いつもありがと
Posted by kururu at 2010年05月21日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。