2010年04月30日

こんな時に『ヘルパー探し』再び

ひどく落ち込んでいる今日
ヘルパーの人から契約解除の申し出が (;_;)

2月にヘルパー探しをした折
気前良く 即日即答で引き受けてくれた事業所で
当座はサービス提供責任者の人が来てくれて
その間に、正式に派遣するヘルパーを探してくれる
という話だったんだけど
結局ヘルパーが見つからなかったという
5月末までだってさ

新しい会社とやりとりして
新しいヘルパーを受け入れるというのは
障害のある利用者からしたら大きな負担になるので
次々に依頼先を変えたい人なんて居る訳が無い
確実に派遣を続けられる算段も無く軽く引き受けちゃったのかな〜

不誠実だとも感じるけど
ここいらで縁を切った方が後々苦労せずに済むか、とも思う

ここの会社、事務方はミスが多いし
サービス提供責任者の人は法律の名前すら知らない
(今現在有効な法律は「障害者自立支援法」っていうんですよ
 新聞くらい読もうね)
人の話も聞かないし(利用者はお客さまですよ)
障害ってものの概念も???な感じ
家事をしに来ているのに
「膝が悪くて雑巾がけができない」とか
「老眼鏡をかけてないからよく見えない」とか言う ←\ ( ̄▽ ̄) おい!
それでいて、掃除が行き届いていない所を指摘すると反論をする
だったらメガネをかけてください
3月に来始めた頃から
「家事援助で3時間もだと 他の利用者との掛け持ちができないから」
などと、ヘルパーが見つからない理由(言い訳?)を繰り返し
(そういう事は請け負ってから言うような事ではないでしょう)
「2時間 × 週2回にしたらどうか」などと
そちらの範疇では無いだろう、ってな事にまで口を出す
kururu が説明や指示を繰り返すうち
だんだん面倒くさくなって来たのか
『逃げ腰発言』が増えて来ていた

この 人生の一大事に
こんな面倒が降って来るなんて
タイミングが悪い、とも言えるけど
ミッションがある方が気が紛れていいかも
一カ月の間にいい人が見つかるといいな〜


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。