2010年03月02日

障害者向け 就労支援 IT 講習(その2)の見学に行って来た

→つづき
先日問い合わせた職業訓練
(その2)←ハードトレーニングな方
の見学に行ってみた

うちからだと
徒歩2分 + Bus 7~8分 + 徒歩13分
思ったより近い
昼間1回行くだけなら余裕だけど
朝晩のラッシュ時に毎日通うとなるとどうだろう?

建物は小学校のプレハブ校舎みたいなの
インターネットで見た印象より こじんまりとした感じ

面談室のようなところで話を聞く
まず思ったのが、公の補助が手厚いってこと
自立支援法の訓練給付(訓練費用の助成)、交通費全額支給、
昼食代の一部補助まである☆

利用者を障害種別で見ると
3障害の中で精神障害者がダントツで多い(軽く7〜8割)
曰く
「身体や知的障害の人は、教育や訓練に結びつきやすいけど
 精神障害の人は、そう云う機会も無く成人して
 就労出来ていない人が多いからではないでしょうか」
なるほど

訓練の先に目指すのは事務職でのフルタイム勤務
「毎日フルタイム」のリズムに慣れるため
訓練も、平日ほぼ毎日×ある程度の期間 通わせるってことらしい
あと、訓練中も「ビジネスにふさわしい服装」で来いと言う
建物入り口には、「出所退所時には大きな声で挨拶」との張り紙
なるほど 訓練の対象人物像と 訓練の方向性が見えて来た

肝心の IT講習は
「パソコンって何?」「どうして動くの?」
「ワード、エクセル、って何?」
から始まって
4カ月の基礎コースではエクセルの関数くらいまで
フルタイムで4カ月も通ってマクロにも辿り着かない
もちろんデータベースも無し
事務系ソフトの入門者には良いのかも

基礎コースの後の応用コース各種は
希望者が規定の人数集まったら開講、って感じなんだけど
あまり開講してないんだって
(そりゃー、本気で就職したい人は
 いつまでも訓練にばかり通ってられないよね)
その上、kururu の目当てのWebコースは
事務系の職には必要が無いせいか
主催者側の意欲すらも消滅しつつある模様
期待薄だな

平日毎日 朝〜夕方、通いきれるか?
仮に通いきれて就職したとしても、
その後何年もフルタイムで体力が保つだろうか?
と、心配事を話したら
「これだけ自己分析出来ていれば大丈夫だと思いますが
 逆に、kururu さんには
 ここの訓練では物足りないのでは無いでしょうか」
と言われてしまった

確かに
個別講習ではないので
カリキュラムを利用者のレベルに合わせる
ってな事は出来ないだろうし
ちょっとニーズに合わないかも

しかも、費用がけっこうかかる
公の扶助は手厚いんだけど
自立支援法の制約で利用料は日割りなの
自己負担金1日1,000円
基礎コースと応用コースを受講するとなると
利用料だけで トータルで20万円越え! (ノ゜O゜)ノ
フルタイムで訓練に通うんだから
その間、賃金労働は ほぼ無理でしょう
稼いでないのに20万円も出すのは ちょっと勇気がいるな〜

うーん、ここは違ったかな〜
(その1)の方の説明会に行ってから考えよーっと
つづく→


posted by kururu at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 目指せ! 優良納税者☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。