2010年01月07日

課税証明と診断書ミスでまたまた出直し

自閉症 kururu は
いろいろと 公共サービスの世話になっている
で、公共サービスには『申請』がつきもの

けどね
コンディションが悪いと 事務仕事がなかなか出来ない
一度悪くなると 数年単位で落ちてたりするので
申請手続きも 数年間も滞ることになったり (×_×)

で、
やっとこさ動けるようになった今日この頃
昨年末から諸々の申請手続きを進めているんだけど
お役所の仕組みが複雑過ぎて コトがなかなか治まらない
区庁舎内を、あっちへ行ったりこっちへ行ったり

例えば、福祉サービスに必須の課税証明書
1Fで「2Fの申請が済んでから」と教えてもらって
2Fで申請を済ませ1Fへ行ったら
「今度はこっちの申請をしてこい」と2Fへ送られ
2Fで「この書類、先日(先月)も見せたじゃん」と苦情を言っても埒があかず
やっとこさ済んで1Fへ行こうとしたら
証明書は即日には出ないと言う

「先月 書類を見せた時に、なんで役所内の手続きを進めといてくれないんだよ〜」
と思うのは素人考え
役所は「言われたこと」以外はしちゃいけないんですよね
知ってますよ
「これもお願いします」って念押ししなかった kururu が悪い
あ〜、疲れる

気を取り直して、証明書のいらない年金の申請に 隣の建物へ行く
役所の人「診断書の日付けが間違っています」
あ、ほんとだ
医師が間違えたらしい
医師に診断書の用紙を渡す時に、赤字で注意書きを付けといたんだけど
見落としたか?
こっちも本日未完

何も完遂できぬまま 本日帰宅
よろよろ・・ 〜(×_× 〜)
続きはまた来週


ラベル:自閉症
posted by kururu at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。