2009年12月31日

『買い求めるのは「生きる希望」です』岡田斗司夫

今月の新聞から

2009年12月19日 朝日新聞 be on saturday
「悩みのるつぼ」 回答者 岡田斗司夫

まあ、要は人生相談なのですが
数人の回答者が毎週持ち回りで答えていて
それぞれの回答者の色が出ていて
それぞれ素晴らしいのです
で、12/19の相談(要約)↓

【相談】「母が何も捨てられず困ります」
相談者:主婦 40代
78歳の母が物を処分することを嫌い
通販でどんどん物を買い
身の回りには物があふれかえっている
年齢、体力、家族構成、住居空間、に見合わぬ物品が
見合わぬ物量で保持され
父と二人暮しのマンションは大家族の様
どうすれば自発的に片付けるようになるでしょうか
母の意識改革は無理でしょうか

【回答】「買い求めるのは「生きる希望」です」
回答者:評論家 岡田斗司夫
お母さんが物を買う理由は簡単です
「もっと生きたいから」
健康器具を買うとき母の心に浮かんでいるのは
それをちゃんと使いこなしている
健康でエネルギーあふれる自分です
商品を買うのは「そうなる可能性を買う」ということです
78歳の母は、未来や夢を買っているのです
「欲しい」と思う時が「生きている」と感じられる時
それを「使わないなら処分しろ」というのは
「夢を捨てろ」「これ以上 生きるな」と言っているようなものです
「生きる」とは欲求と不安を受け入れること
無駄と混乱は当たり前なんです
母に「安全で整然とした環境」を与えたいのは
あなたが安心したいからでしょ?
使いきれない物で大家族の様?
お母さんの望んでいることはあきらかじゃないですか
お母さんが買い求めたのは「生きる希望」です
邪魔であろうと
あなたたち家族がちゃんと受けとめてあげてください

なるほどね〜
「こう生きたい」と思って買うのですね
傍からは「使いこなせない無駄モノ買い」と見えても
「こう生きたい」と思って「そうなる可能性を買う」ってところ、
若すぎる服や 健康器具を買う高齢者も
ダイエット食品や高級ブランド品を求める若い人も
一流のスポーツ用品を欲しがる子供も
無理があるような物を求める障害者も
みんなおんなじなんだな〜
この記事を読んで
『モノを溜め込む自分』を 少し客観的に見れるようになったよ

障害児者が、身の丈に合わない物を欲しがる時
周囲は「使いこなせない」と切り捨てがちだけど
その人は「こう生きたい」と思って モノを欲しているのよね
健康な子供の「こう生きたい」は時が解決することが多いけど
障害児者の場合、事はもっとナイーブ
間違っても
「どうせ使いこなせないんだから」とか
「また駄目に決まってる」とか言わないでね
すごく傷つくから

でさ、もう一つ思ったんだけど
子を育てる時
子の『欲しい気持ち』をよく聞かず、納得のいくまで話合わずに
「使いこなせない」「無駄だ」と切り捨てて育てると
子の中に
「今 使いこなせない物は無駄」
「当人(自分以外の人)の気持ちなんて切り捨てていい」
と云う価値観が根付くのは必然
歳月を経て力関係が逆転した時に
子が老親に対し「無駄だ」「捨てろ」と言うようになるのは
全く不思議じゃない
で、そうやって大人になった人が親になり
同じことを繰り返すのかも

因果応報
けど
自分の代で断ち切らなければ、と思ったよ
kururu も親に対して「無駄」と言ってしまっていたこと
ちょっと反省。。

色々思う記事でした

「悩みのるつぼ」関連記事:
2010年05月15日
「助けなさい、さもなくば逃げなさい」by 岡田斗司夫
2010年01月28日
岡田斗司夫氏の定義により晴れて「非モテ」と認定?ウれた件
2009年09月06日
『苦労』と『苦悩』と『忍耐』と


ラベル:考える葦 本とか
posted by kururu at 20:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
くりすさん 他
記事の全文が欲しい人!
期間限定
e-mailでお送りします

スパム防止のため
メアドの『@』を『☆』に置き換えて
コメントに書いてね
確認次第、記事をお送りしてコメントのメアドは消去します
Posted by kururu at 2010年01月01日 03:11
TBありがとうございました。
ほんと、姑と母とのことを考えても
新しい物を買うなというのは
希望を捨てよと言うことなのかな?
と、思えるようになりました。

ていねいな記事ありがとうございます。
Posted by みかん at 2010年01月02日 07:02
kururuさん 新年おめでとうございます。
そして、どうもありがとうございます。
わたしのめるアドは───☆─です。ありがとう〜。
Posted by くりす at 2010年01月02日 16:11
『買い求める』もそうだし
『手放さない』もそうですね

『物』もそうだし『行為』もそう
ワタクシなどは
現状 自力で出来ていない行為をヒトに任せれば良いのに
それがなかなか出来ない
「してあげようか?」と言われても
「うん」となかなか言えない
読むのが追い付かない新聞の山も
「どうせ捨てるんでしょ」と言われても
なかなか「うん」と言えない

うちの彼も、忙し過ぎて部屋の片づけが追い付かない
DMとかゴミ箱のゴミとか
「これ、捨てるの?」と助力を申し出ると
「後で(自分で)整理する」と言います

『自力で片付けられる自分』
『新聞だってちゃんと読んでる自分』
のイメージを
なかなかあきらめられない(手放せない)のかも知れません
Posted by kururu at 2010年01月02日 16:48
くりすさん
あけましておめでとーございます〜

新聞記事送りましたよ〜
みんなで見て、話して、
それぞれの胸に何かを感じられたら
世の中が少し幸せになるかも
Posted by kururu at 2010年01月02日 17:19
受け取りましたー。どうもありがとうございますー!
わたしのコメント↑アドレスだけ消すとかもできるんですねえ(感心)って、わたしが遅れてる?だけかな・・・?どうもいまいち、ブログとかいろいろ使いこなせてませんが・・・まあ続けてどうぞよろしくおねがいします〜。
Posted by くりす at 2010年01月03日 00:20
こういうネタは
うっかりすると 誰かを責めるようなムードになっちゃいがちだけど
みんなで和気あいあい(?)と
「そうねそうね」とか言いながら、
みんなが幸せになるような
そんな活かし方ができるといいな〜
Posted by kururu at 2010年01月03日 18:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。