2009年11月17日

「出来る事はした」と腹をくくる

『人事を尽くして天命を待つ』
と言うと大げさだけど

「出来る事はしたし〜」と
腹をくくることが必要な場面ってあるよね
おたおたしててもしょうがない
あきらめとは違う
ある意味、やり遂げた達成感

自分で言うのもなんだけど
kururu 、そういう割り切りが上手だと思う

だってさー
自分に出来ない事や
その時 思い付かなかった事を
「すればよかった」と悔やむのってナンセンス
何故なら
「しなかった」んじゃなくて
その可能性は無かったんだもん

鬱病が悪化してるときには
出来ない事に考えを絡めとられて
どうにもならないこともあるけれど
そんな時には
「このナンセンスなとらわれは鬱のせいだ」と自覚してる

過ぎた事を悔やんで 気持ちが揺れがちな人は
「おたおたしててもしょうがない」
「出来る事は全てしたんだ
「あきらめではなく悟りだ」
と気持ちを切り替える練習をしてみたらどうだろう?

日常的に感じる『やり遂げた達成感』
悪くないよ
ラベル:自閉症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。