2009年11月16日

美しい字を書く先生だったな〜

夢に出て来て
唐突に思い出したんだけど

幼稚園で
お絵描きをすると
裏に自分の名前を書く事になっていた
画用紙の裏面 右側に縦書き
まだ書けない子には
先生が鉛筆で下書きをしてくれる

年長組になると
一人、また一人、と
自分で書ける子が増え
書けないのは kururu 一人になっていた

絵を描き終えると先生の元へ行き
鉛筆で下書きをしてもらう
自席に帰りクレヨンでなぞる
幾度となく繰り返しなぞった自分の名前
第一画目の入り、曲線に続く払い、
平仮名で書かれたその線は
流れるように美しかった

LDで文字が覚えられなかった頃の話
幼児期の事を
ありありとビジュアルで思い出すなんて
さすが自閉ちゃん (∩_∩)v


ラベル:自閉症 教育 LD
posted by kururu at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。