2009年11月14日

人は調子づくものらしい

毎度お馴染み『タケシとワタシ』
kururu が普段 うすらぼんやりと考えている様な事を
この人は ずばっと言語化してくれるので
自分の中の霧がすっきりします

最近の記事から

自分の趣味を高尚なものだと思っている
太田総理「音の違いなんてわかるわけない」
ちなみに kururu も
タモリ倶楽部の鉄ヲタの回とか大好き

強い力を持てば自動的にいい人になれる訳ではありません
元防衛省
ちなみに kururu はこの本↓読んだよ
なかなか面白かった

健全な肉体に狂気は宿る―生きづらさの正体』内田 樹 (著), 春日 武彦 (著)


ラベル:本とか 考える葦
posted by kururu at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。