2009年10月20日

『無邪気に』と『臆面も無く』の使い分け

というか、場面ごとの判別が
近頃やっと認識できるようになりました (^○^)v

辞書的には
【無邪気:悪意のないこと、あどけないこと、特に深い考えもないこと】
【臆面も無い:気後れした様子もない】
と、どちらも特に悪い意味ではなく
びみょーな違いしか無いんだけど

大人の実践会話では
『臆面も無く』と言えば
【浅墓(あさはか):考えが浅い様子】とか
【厚顔(こうがん):厚かましく恥知らずでずうずうしいこと】とかと同意に
批難めいた意味(=気分)で発せられることが多いのね
辞書とは違うけど
これはそんなに難しくない

問題は
『無邪気に』の方
肯定と批難のどちらにも使われる
同じような口調で「無邪気」と言っても
【悪意が無くあどけない】と肯定の意味(=気分)で言う場合と
【浅墓(あさはか):考えが浅い様子】と
批難の意味(=気分)で言う場合が有り
更に発展型として
「自分が悪者にはなりたくないので
 『無邪気』という言葉を使って
 【あどけない】と思っている風を装いながら
 【考えが浅い】と陰口を言いたい」
という場面もある
うーん、難問。。。

まあ、大雑把に見て
・10歳未満の子供の事を「無邪気」と言った場合
 肯定で使われる場面が7割、批難で使われる場合が3割
・10歳〜中学生くらいだと
 肯定で使われる場面が5割、批難で使われる場合が5割
・義務教育終了以降の人(大人含む)だと
 肯定で使われる場面が1割、批難で使われる場合が9割
って感じがするけどどうだろう?

それまで kururu は
【無邪気=肯定】【臆面がない=批難】
だと思っていたんだけど
そうとも限らないと気付いて 世の中を見てみると
kururu が思っていたよりも世間は厳しいみたい

世間の大多数の人にとっては
明らかに違うのかもしれないけれど
自閉ちゃんにはむずかしい
聞き分け、使い分けが上手に出来ると
暮らしやすくなるんだろうな〜

これもお奨め↓
『暗に』拒否する言葉、『暗に』けなす言葉、『暗に』自慢する言葉
などに振り回されないために
お嬢さまことば速修講座』加藤 ゑみ子 (著)


ラベル:自閉症
この記事へのコメント
こういうお勉強の姿勢、いいわ〜
Posted by みかん at 2009年10月22日 06:20
ことばってむずかしいですね;わたしも喋るとき考えるけど考えて話しても失敗も多くて;もしまわりがあれっと思ったとき、言葉そのものだけじゃなくてこの人なんでこういったのかとか言った人の背景とかを思ってくれると世の中みんな平和だうんだけど・・・むりか?^^;
Posted by くりす at 2009年10月22日 17:24
少年(少女)のような人なんて穏やかに言われると聴こえはいいけど、裏を返せばいい大人がとか、もう少し年配になるといい加減悟らないといけない歳なんてメッセージが込められているんですよね。
でも気に留めておく程度でいいんですよね。それが個性だから(´∀`)
ちょっとちがいますか?
Posted by kohaku at 2009年10月23日 13:27
わーい"・*・ ; ・\(*^▽^*)/・ ; ・*・"
ほめられちゃった〜

言葉って本当に難しいですね
自閉ちゃんにとっては
言葉にしてくれないと なお難しいけど
言葉で言われてもやっぱり難しい
『少年(少女)のような人』もそうですね

「あら?、何か変なこと言っちゃった?」って思うこと
kururu もしょっちゅう有るけれど
もしも、場にそぐわないことを言う人がいたら
周りのみんなが
「嫌なやつ」とか「変な人」とかと切り捨てずに
「間違えたんだな」と思ってくれると
みんなが気持ち良く暮らせると思います
Posted by kururu at 2009年10月25日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。