2009年09月06日

『苦労』と『苦悩』と『忍耐』と

岡田斗司夫氏 曰く
悩みとは「複数の問題で、頭の中が散らかった状態」を言います。
部屋の中が散らかっていて、どこから片付けていいかわかんない。
そんなとき、必要な行動は
「整理するために、いま必要ないものは捨てる」です。

なるほどね〜
辛い時、その辛さの成分を考える

その辛さの内
『忍耐』は何割程か?
『苦労』は?
『苦悩』は?

その辛さの内の
どの部分が『忍耐』か?
『苦労』は?
『苦悩』は?

で、
・周囲の冷静な人の意見を聞いて 取越し苦労を排除する
・自分の力ではどうしようもない事は Not my business!
 頭の中から取り除く
・「すでに起きてしまった、どうにもならないこと」は
 いずれ余裕が出来たら考えることにして、とりあえず捨てる
・その上で必要な『忍耐』や『苦悩』は引受ける

そう考えると
悩みって自分の力でなんとかできるのかも♪
と、希望が持てると思わない?

【岡田氏の言葉は 朝日新聞の人生相談『悩みのるつぼ』より】
この人が元ねたを紹介してるよ)

「悩みのるつぼ」関連記事:
2010年05月15日
「その人を助けなさい、さもなくば逃げなさい」by 岡田斗司夫
2010年01月28日
岡田斗司夫氏の定義により晴れて「非モテ」と認定?ウれた件
2009年12月31日
「買い求めるのは『生きる希望』です」岡田斗司夫


ラベル:考える葦 本とか
posted by kururu at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。