2009年09月05日

『忍耐あっての愛』なのですね

『苦労』と『忍耐』って
似てるようで違うよね

いらん苦労はしないに越した事ないけど
魂の成長には忍耐の体験が不可欠だと思うのですよ

今の世の中
「一番大切なことは何か?」と問われたら
『愛』と答える人も多いと思うんだけど
それじゃー、愛って何だろう?
と考えると
忍耐あっての愛だと思うの
忍耐のない愛はただのエゴかも知れない


ラベル:考える葦
posted by kururu at 14:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あぁ・・・わたし忍耐力ないかもです。

ううん・・・待つことはできるから
忍耐力はあるのかな?

ニホンゴムズカシイ〜
Posted by キャットテール at 2009年09月07日 22:59
『待つ』って
かなりの忍耐を要する
かなり大きな愛だと思います

自分は出来ているのかな〜

なんて考えて書いたのですが
現状をどうこうと云うより
そういう意識を持っているかどうかが
先々の人生を決めるんじゃないかと思います

がんばれ〜 わたしたち☆
Posted by kururu at 2009年09月09日 04:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。