2009年07月26日

『野田ともうします。』柘植 文(著)

漫画ネタです
今朝の新聞で紹介してたの
自閉ちゃんたちも この本読んで胸を張って生きよう☆

2009年7月26日 朝日新聞 読書欄より
『今どきでない女子大生の生態
 「野田ともうします。」柘植 文(著) 』

【抜粋↓】
 野田さんは埼玉県にある東京平成大学ロシア文学科の1年生だ。
手影絵サークルに所属し、
趣味は読書で、特技は〈親指を気持ち悪く動かすこと〉。
メガネに三つ編みで化粧っ気もなく、いつもトレーナーにジーパン姿で、
授業態度は真剣そのもの。
そんな今どきの女子大生らしからぬ野田さんの生態を
飄々(ひょうひょう)としたタッチで描く。
・・・・・
 渋すぎる趣味と超マイペースな言動でクラスでは浮きまくりだが、
決して孤高というわけではない。
むしろ積極的に他人と関係を築こうとするのだが、そこで選ぶ行動や話題がとっぴすぎて、常人にはついていけないだけなのだ。
 そんな野田さんの奇行には、含み笑いと同時に畏敬の念も浮かんでくる。
“人と違う”ことを野田さんは恐れない。
いや、違ってるかどうかさえ意識しない。
流行を追い、空気を読むことに汲々(きゅうきゅう)としている若者は、
野田さんの自由さと強さを少し見習うべきだろう。
・・・・・
【南 信長(マンガ解説者)】

野田ともうします。(1)』柘植 文(著)


ラベル:自閉症 本とか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。