2009年07月22日

『幸せとは、思い込める力を持てること』内田 樹

ファッション誌の後ろの方にあった
内田 樹 氏のインタビュー記事

AERA STYLE MAGAZINE vol2 スーツスタイルのルールブック
1000人アンケートでわかった
ビジネスマン「新・幸せの方程式」
『幸せとは、思い込める力を持てること』内田 樹

アンケート結果を見ながらインタビューに答えてるんだけど
そこは 内田 樹 らしく
なかなか素敵な視点なのです
男性向けに語っているけど
女性だって今日から幸せになれちゃうくらいのパラダイムシフトだよ☆

曰く
・ 男性の感じる幸福とは「実感」ではなく「観念」
・ 前向きな生き方としての自己評価の下方修正
・ 生活の細部に宿る幸福を楽しめる想像力が必要

【抜粋↓】
「メディアは
 『サクセスしている人』たちをロールモデルとして提示しがちですが、
 サイレント・マジョリティたちは、そういう華やかなサクセスよりも、
 手堅い幸福像に回帰しようとしているのかもしれません。」

「そもそも男性にとっての『幸せ』とは、
 実感ではなく、観念の部分が多いんです。
 『オレは幸せだ!』とまず宣言しておいて、
 そこにむりやり自分の身体実感を流し込むようなやり方ができる。
 それを逆手に取って、『自分は幸せなんだ』と思い込めばいい。」

「仕事も、親子関係も、恋愛も、お金だってそうです。
 『私は幸せだ』と思い込める人が幸せな人なんです。
 生活の細部に幸福の種を感じ取れる感受性と、
 『ありもの』の蔵する可能性にときめく想像力を持っていること。
 幸福は自分の尺度でしか計算できないものです。」

この本↓、
ホワイトカラーの男性ビジネスマン向けに
『外さない』お仕事ファッションを提案してるのですが
がんばり過ぎず、ゆる過ぎず、流行りを追い過ぎず、時代に遅れず、
なかなかに良い感じのさじ加減なのです

自閉ちゃんは、こういうの不得手な人が多いと思うから
この本、お奨め☆!
こういうことが分かってる人は
職場でも一目置かれることだろうし
プライベートでも好感持たれると思うよ

着こなしを学んで、内田氏の言葉をよく読み込んで
みんなで幸せになっちゃいましょう♪



この記事へのコメント
いつも拝見させていただいております。
皆既日食盛り上がりましたね^^
テレビでしか見てませんでしたが、かなり興奮しました。
では、今後ともよろしくです☆
Posted by 恋愛告白コンサル at 2009年07月22日 17:57
こんにちは
うちの辺りは 曇天 時々雨降りでした
ざんねんむねん。。。
Posted by kururu at 2009年07月22日 18:52
自分を信じて思い込めるって素敵ですね。
恋をしてきれいになったり、ダイエットが上手くいくこともきっと思い込む力が重要ですよね。
Posted by kohaku at 2009年07月24日 23:57
幸せってとっても主観的なものなのに
情報に振り回され滑稽ですらある日本社会の現状。
そういいながら現代の日本に生きる私たちにとって
時代の主流から外れることはとてもしんどいことになっています。
加速度的に・・・。
ある意味怖いです。
発達障害の問題もそのことと無関係ではないでしょうね。

『手堅い幸福像に回帰』が
そのことへの『反動』だといいのですが・・・。
Posted by キャットテール at 2009年07月25日 00:28
そうそう、
幸せって「自分を信じて生きること」だと思います

中島 義道 氏 の言葉(↓)でも思ったんだけど
http://krkr-kururu.seesaa.net/article/117708056.html
『普遍の現実』なんてモノは存在しなくて
『現実』とは『その人にとっての現実』であって
とっても主観的なものなのですね

鬱病や統合失調症等の人は
意志の力だけではどうにもならない面はあるけど
(こんなにお気楽な kururu だって鬱病だし(笑))
それでもやっぱり
幸せってのは とっても主観的なものだと思います

社会が煽る『統一基準の幸せ』って
帝国主義っぽくて無気味です
現状は『大資本による帝国主義』で
統一基準から外れる人(社会的弱者)には本当に生きづらい世の中だけど
世間に流されずに
『自分の幸せ』を見失わずに生きていきたいな〜
Posted by kururu at 2009年07月25日 15:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。