2009年06月27日

非常勤 時間給ヘルパーの限界なのかな〜

障害者自立支援法のホームヘルプを利用している
家事援助
週1回 × 1回3時間

今 来てくれてる人は
kururu より1歳年上
パート掛け持ち主婦
ヘルパーの仕事は
今は kururu のところのみ(つまり、週1回3時間のみ)

これまで
数人(5人以上10人未満)のヘルパーの人が来てくれてたけど
人柄というか 相性というか
今の人が一番 一緒に居て気が楽だ
彼女に辞められたら ほんと困っちゃう

けどね
仕事に対する姿勢に ちょっと問題がある

例えば
家の中に不衛生な箇所を見つけた時
「あの〜、気のせいかもしれないんですけど、ここ・・・」
と、報告してくれるまでは良い(報告してくれないのは困るからね)
それに対して kururu が
「あー、そうなんですよ
 数日前に見つけて・・・ほんと、泣いちゃいます〜(嘆)」
と答えたんだけど

プロ意識があったならば、ふつーは

1、相手は障害者で家事が侭ならずにホームヘルプを要請していて
  自分は家事の援助のために派遣されている
2、相手はその汚れを認識していて しかも嫌だと思っているのに
  現状 その汚れは処理されていない
3、ということは「していない」のではなく「出来ていない」のだろう
4、ということは、1の立場上 自分が処理するのが適当である

・・・と考えて然るべきだと思うんだけど
その人は
「そうですよね〜」と、共感の言葉を発したっきり
それ以上の行動(対処)をせず スルーするのです
傾聴ボランティアじゃないんだから
共感はしてくれなくてもいいから 処理してくれよ!と思う
ちなみに kururu が
「こういう時はこうしてください」と指示しても
その場だけしかしてくれない
それ以降「こういうとき」があっても
指示が無ければスルー

例えば
彼女はこれまでに来てくれていた他の人より仕事が遅い
他の人たちなら2時間で出来ていたくらいの仕事だけして
時間になったら帰っていく
「3時間でこれだけしてくれないと1週間の生活に響くんだ」
と何度も話しているんだけど
一向にペースアップしない
手の動きがいちいち遅い
その上、ちょっと話しかけると手が止まる
これまで こんなに遅い人は居なかった、と伝わっているはずなのに
急ぐ気配がまるで無い
おしゃべりして 鼻歌歌ってても出来るくらいの
ゆったりしたペース
賃金もらって、障害者の生活の支えに来ているという自覚があったなら
そんなにゆったりしてられないと思うんだけど

これら↑は、福祉職としてのプロ意識の話だけど
それ以前のレベルの問題もあってね↓

彼女は小学生と中学生のお母さんで
子供の学校の用事とかいろいろと事情があるだろうと
kururu としても理解できるから
それなりの配慮をしている
「大事な用事のある時は
 お休みとか時間変更とか遠慮なく言って下さいね」
「どうしても遅れちゃう時は 仕方が無いので遅れてもいいですよ」
「緊急の場合は 仕事中にケータイ出てもいいですよ」

けどね
賃金もらって仕事してるんだから
遅刻欠席にも私用電話(mail)にも
限度ってモノがあると思うんだ

例えば 勤怠
出席率は7割を切ると思われるし
遅刻も多い
3カ月くらい毎回遅刻してきた事もあった
遅刻の理由も こちらからはあんまり訊かないようにしてるんだけど
曰く
「ママ友とのお食事会が・・・」とか
「前の仕事が長引いちゃって・・・」とか ( ̄▽ ̄)
それって、ただの自分のブッキングミスじゃん

例えば私用電話(mail)
彼女は 毎週
仕事中に数回 ケータイcheck をしてるんだけど・・・
呼び出し音で誰の電話か分かるはずだし
mailだったら発信者と件名だけ見れば 緊急かどうかは分かるよね
小学生にもなれば
仕事中の親に掛けてもいい電話とそうでないものとの区別も
教えられるはず
なのに
子供からの電話は とても緊急とは思えない内容で話してるし
ケータイcheck 後に
「今 連絡があって、甥っ子が○○大学に合格したんです〜」
とか言うのですよ
おいおい、それって仕事中にやり取りする様な事か?

福祉職としてのプロ意識も
職業人としての常識も
当人はあまり必要性を感じていない模様
『高校生のお気楽アルバイト感覚』というか
『小学生のお手伝い感覚』というか
責任感ってモノがあまり無いみたい

以前、役所の職員さん達がヘルパーとして来てくれていた時には
そういう人は居なかったんだけどな〜
非常勤だと 会社で研修とか受けさせてもらえないのかな〜
自立支援法の金額では 会社も経営厳しいのかな〜

民間の
非常勤 時間給ヘルパーの限界を感じる今日この頃


ラベル:自閉症 ヘルパー
この記事へのコメント
うーんv_v;それでもこの方が一番一緒に居て気が楽な方なんですね;時代の流れなのかなあ…?との一言では余り片付けたくないけど…;
Posted by くりす at 2009年06月28日 13:32
うーんv_v;
彼女に気付きが訪れるまで
小うるさく言い続けるしか無いのかな〜
Posted by kururu at 2009年06月28日 20:32
ご無沙汰してます。 うーん、私ならどうするかしら、許せる範囲ではないもの。
でも、この先もお付き合いしようと考えるなら・・・。難しいです。

まいけるも 好きな人ができて、パートナーと家庭が持てるかしら・・・ そばに寄り添ってくれる人ができるといいなー。 突然ですが、それが 私の目標であり、願いです。
Posted by まいける母 at 2009年06月28日 23:53
まいける母さんだ〜\(*^▽^*)/

正しく自閉ちゃんな kururu 、
人付き合いのさじ加減がよく分からんのですよ
どのくらい親しくなっていいのか、とか
どの辺りからが許すべきじゃないのか、とか
どのくらい強くしつこく言っていいのか、とか

援助を受けるってのも
スキルが要るんですね〜
う〜ん、ムズカシイ。。。

まいける君も
上手に援助を受けながら
素敵なパートナーと
元気に楽しくしあわせに
暮らしていけるといいな〜♪
Posted by kururu at 2009年07月01日 02:32
一般の主婦(とくにお勤めの経験が無いかブランクがある方)がパートに出るとどこかお客様本位でなくなるんですよね。
ちゃんとした研修も受けずにマニュアルとノルマをこなすだけみたいな…。
だから平気でため口をきいたり、恩着せがましかったり。断ったり、意見すると怒り出したりと無茶苦茶です。
義父のお世話をしてくださっているヘルパーさんやケアセンターの方たちはとても親身になってかつ、仕事をきちんとこなしてくれて感謝しています。
どうすれば本人や家族の負担を軽減できるかを常に考えてくださっています。
思い切って派遣元に相談してみてはどうですか?
Posted by kohaku at 2009年07月01日 10:56
う〜ん、悩ましいです

ヘルパーの人にも 派遣元の責任者の人にも
良くしていただいている(様に感じている)のですが
どうも、プロ意識と言うか 責任感と言うか
そういう緊張感が足りないみたいです
そういうのって 言って分かるのだろうか?とも思っていて
どうしたものかと考えています

あと、仕事が遅い事に関しては
自分も出来ないちゃんなので
出来ないちゃんの事情(気持ち?)が分かってしまって
これまた どこまで言って良いやら
悩ましいところ
Posted by kururu at 2009年07月01日 21:33
自分が困っていることはなかなか言い出しにくいですよね。
区役所か消費者センターなどにワンクッションいれて相談してみてはいかがですか?何かヒントが得られませんかね(。-`ω-)
生活にかかわってくることだから上手くお付き合いしていける方法が見つかるといいですね。
ブログで心の声を記事にしてみるだけでもかなりちがいますけどね。
Posted by kohaku at 2009年07月02日 21:01
う〜ん
しばらく考えます
Posted by kururu at 2009年07月03日 00:47
コーディネーターは障害福祉課ですか?
私用メールはヘルパーとして厳禁です。
介護保険だとケアマネがその辺り調整するんですが、
派遣して貰うに至る自立支援プラン作成者が要るはず。
その方はきちんとサービスが提供されているかチェックするのも仕事です。
最初に相談した方に、お話されて改善されるのが一番かと思います。
Posted by みかん at 2009年08月31日 20:19
> 私用メールはヘルパーとして厳禁です。
そっか。。。
「いいですよ」とか言っちゃったもんな〜
う〜〜〜ん

やっぱ 派遣元の会社に相談してみます
みかんさん いつもありがとうです
Posted by kururu at 2009年09月01日 00:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。