2009年01月26日

Dale Carnegie の ティーンエイジャー版

つづき

で、
Carnegie の人間関係論を読んでみようと思い
調べてみたら いろいろあった

その中に10代の女の子向けに書かれた本を見つけたの↓
「人間関係の能力が弱い kururu にはこのくらいがぴったりかも♪」
って思って読んでみたら

うんうん、なるほど
確かに 友人の言う通り
『当たり前っぽいこと』が書いてあるんだけど
その『当たり前っぽいこと』って
日々の暮らしの中では
ついつい 意識から抜け落ちやすいことなんじゃないかしら

誰でも経験したような事例を引いて
説教臭くなく諭されると
「普段の自分の態度がぜんぜん至らなかった」と
改めて気付く

10代でも、大人でも、男の子も女の子も
「人間関係がもうちょっとうまく行ったらいいな〜」
なんて ちょっとでも思ったら
ぜひ読んでみてほしいな
おすすめよ

つづく

カーネギーの娘が10代の女の子向けに書いた本↓
『13歳からの「人を動かす」―人に好かれる女の子になる8つのルール』
Donna Dale Carnegie (著)


ラベル:自閉症 本とか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。