2009年01月26日

『真の誠意』は言葉にのせて

つづき

『真の謝罪とは、
 自分が間違っていた、後悔していると相手に示すことです。
 怒っている相手をなだめることではありません。』
─────『13歳からの「人を動かす」』ドナ・カーネギー

そうねそうよね
そこは分かっていたのよ
だからこそ
『真の謝罪』ではなく『なだめすかし』の言葉を発する人に
疑問を抱いてしまうのよ

けどね、今日気付いた
いくら心の中に『真の謝罪』の気持ちがあっても
それを十分な言葉で相手に伝えられなければ
相手にとっては 全く謝罪していないのと同じこと
謝罪だけじゃない
感謝も好意も尊敬も

あ〜〜〜
kururu 全然足りてなかった気がする〜

自閉ちゃんだけじゃないとは思うけど
心で思えば 誠意は一言で相手に通じる、って
無意識のうちに思っちゃうことあると思うんだ
けど
『自分以外の人』には 言葉を尽くさなきゃ伝わらない

『なだめすかし』を蔑みながら
言葉が足りない kururu は それ以下だった
深く反省。。。(v_v)

この本、繰り返し読みます↓


ラベル:自閉症 本とか
この記事へのコメント
関係を修復するのって
かなりの労力を要しますよね

時間をかけて、タイミングを計って。
でもその繰り返しで相手を理解したり、自分を理解してもらうんだと思います。
13歳で本にできるってすごい!
Posted by kohaku at 2009年01月26日 23:58
いやいや (^_^;)
書いた人が13歳じゃなくて
『読む人が13歳から』です〜
low teen から読める人生訓ってコンセプト
大人にもお奨めです♪
Posted by kururu at 2009年01月27日 00:43
『態度』って
一般的には『心掛け』だと思われてるけど
自閉ちゃんには『スキル』の問題の方が大きいから
こういう本は本当に有用だと思います
Posted by kururu at 2009年01月27日 00:47
こういう本が読まれてるって事は
自閉圏であろうとなかろうと
人間関係で苦労している人が多いんですかねぇ。
やっぱり世の中が住みにくくなってきている?

ティーン向けの本に目をつけるとはkururuさんさすが!!
Posted by キャットテール at 2009年01月28日 08:28
失礼しました 。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ
Posted by kohaku at 2009年01月28日 16:46
うふふ〜
ほめられちゃった♪
でしょでしょ さすがでしょ☆
身の程(?)をわきまえてるでしょ(∩_∩)v

『謝罪』の項の他にも
『批判や非難をしない、文句も言わない』なんてのが
ナルホドって思った
普段から批判や批難はしてないつもりだけど
kururu の『教えたがり』の癖が
端から見たら批判に見えるかも、って思ったよ

最低限 人に嫌な想いをさせないように
気をつけよーっと
Posted by kururu at 2009年01月28日 17:43
『批判や非難をしない、文句も言わない』って優しいようで、なかなかむつかしいですね。
自分が言われたくないとこは人にも言わない。
私ナルホドと思います。うんうん。気をつけよっと。
Posted by みかん at 2009年01月28日 19:20
うんうん
結局、「自分も気をつけよう」って思う態度こそが『分別』ってやつなのかも
って思います
みんな 自分なりに気をつけているけど
自分の想像力が及ぶ範囲って 結構限られちゃうから
本気で気をつけようと思ったら 先人の知恵(書物など)も借りなくちゃって
今回改めて思いました
Posted by kururu at 2009年01月28日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。