2008年12月12日

医療安全情報:事故例集 受け取りは全国の病院の半数以下

毎日新聞 2008年12月10日
医療安全情報:事故例集 受け取りは全国の病院の半数以下

【概要】
 医療事故や医療ミスの実例を紹介して再発防止に役立ててもらおうと
 (財)日本医療機能評価機構が無料配布している「医療安全情報」を
 全国の病院の過半数が受け取ってないことが分かった。
 医療安全情報の内容について、病院から不満などは寄せられておらず
 関心の低さが受け取らない主な理由とみられる。
 実例が不必要なはずはなく
 病院は関心も持たずに『事故防止対策を取っている』と言っても
 説得力がない。

何なんでしょう?
情報すら受け取らないなんて医療施設としてあり得ない態度だよ
そんな病院には 患者だってかかりたくないよね
全国の病院の 受け取りの有無を公表して
更に
受け取ってる病院には 何かマークを掲げてほしいところ
厚労省さん、検討してね


ラベル:医療
posted by kururu at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。