2008年09月21日

やっぱり鬱病 ってことで

彼が家出から帰って以降の kururu は
むっちゃお気楽な感じで生きてて
世を憂いたり
自身の存在価値を思い悩んだりはしてないし
(単に 現実から目をそらしているだけかも)

やたら疲れてるのと
やたら眠くて睡眠時間が長いのと
知的活動と身体活動が共にレベルダウンしてるのと
まあ、そんな程度なので
「こんなんで『鬱病』を名乗るのは
 ディープな鬱病のみなさんに申し訳がないのではないか?」
「もう、鬱病ではないのではないか?」
なんて思ってるのですよ

で、
先日の診察時に医師に そう言ってみた

そしたらさー
あっさり否定されて
再度『鬱病』の御墨付きを頂いてしまった
ばっちり太鼓判・°`☆

ふーん。そーなんだ〜
ま、どっちでもいいんですけど


ラベル:
posted by kururu at 20:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もおだやかな日々をお過ごしで
「もう、鬱病ではないのではないか?」
と…

>ま、どっちでもいいんですけど

こう言うのとっても大事な気がします。
Posted by みかん at 2008年09月22日 03:50
わたくし、元来がのほほんとした質らしくて
パニック障害の発作の時にも
『生命の危機』とか感じたことがないんです (・・;)ゞ
いじめられてもよく分かってなかったり・・・・

鬱病なのに あまり苦悶してないなんて
ほんと
おめでたい性格でよかった、と思います (=^・^=)
Posted by kururu at 2008年09月22日 14:40
ご無沙汰してます、ふちゃおで〜す。
やっとこさブログに復帰いたしました(^o^)丿
でも、ウツウツは相変わらずでございますよ私も。
kururuさんと同じようなこと常に思ってるし
病院のセンセにもやっぱり話しましたね〜。
肯定も否定もされなかったけど
「それなら、手帳返す?」とか言われて黙ってしまった。
それはキツイ!かなり助けられてるんですも〜ん(>_<)
Posted by ふちゃお at 2008年09月24日 23:22
やあ! 元気だった?

『不定愁訴』と『慢性疲労』と
『慢性疲労症候群』と『鬱病』の
境目がよく分からん (・o・)
この前、医師に訊いたら
『慢性疲労症候群』は
医学界でまだ認められていない
確定してない概念なんだって
けど
子供の頃からの自分の状況を思うと
『慢性疲労症候群』ってのが
一番しっくりくるんだよね
早く、概念を固めて診断に使ってほしい
そんでもって
治療法が出てきてほしい〜
Posted by kururu at 2008年09月25日 00:56
『慢性疲労症候群』について
↑のコメント
ちょっと間違ってました

調べてみたら
↑で書いたような
『> 医学界でまだ認められていない 確定してない概念』
ではなくて
『国際的にも、また、日本政府も認められてるけど
 医学会では賛否が分かれていて
 きちんと 診断と治療をしてくれる医師が
 非常に少ない状況』
なんだってさ
なんだか 発達障害を取り巻く状況と
よく似てるのね

以上、訂正でした
Posted by kururu at 2008年09月27日 16:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。