2008年06月27日

『おそうじをおぼえたがらないリスのゲルランゲ』

この子、むっちゃかわいい〜
利発で 聡明で 自立心があり
自分を信じて生きるのです♪

おそうじをおぼえたがらないリスのゲルランゲ (世界傑作童話シリーズ)
ジャンヌ・ロッシュ・マゾン (著), 堀内 誠一 (イラスト), 山口 智子 (翻訳)


【おはなし】
おそうじぎらいがもとで家を追い出された子リスのゲルランゲは
オオカミに食べられそうになったときにも
「おそうじだけはおぼえたくありません!」といいます。
ユーモアあふれるフランスの幼年童話。

お願い:
このお話は 寓話ではありません
純粋に楽しいお話です
小さい人と読む時には
説教臭いこと言ったりしないで 楽しく読んでね


posted by kururu at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。