2010年05月18日

同床異夢?

その
NHKの『ハーバード白熱教室』
毎回見てるんだけど
彼もときどき一緒に見てる

でさ
見終わって感想など話してみると
同じ講義を聞いてたのに
考えてる事はけっこう違う
まるっきり反対の事を考えていたりして
びっくりするよ

自身のネガティブキャンペーン(?)を展開中の彼のこと
これも
「ぼくたち、こんなに違うんだね ぜんぜん合わないよね」
ってなアピールも兼ねての事かもしれないけどね


ラベル:考える葦
posted by kururu at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『Justice ハーバード白熱教室』

さっきのカントは、
ここんとこ『愛』とか『徳』とか考えていたところに
教育テレビで哲学の話をやってて
今の kururu の興味関心に どんぴしゃ はまったって訳

Justice ハーバード白熱教室 with Michael Sandel
ハーバード白熱教室.jpg
アメリカの名門ハーバード大学で、もっとも人気のある授業──。
サンデル教授の「JUSTICE(正義)」である。
現代の難問をめぐって、世界選りすぐりの知的エリートが
議論を闘わせる。門外不出の原則を覆し、初めて公開される
ハーバードの授業。白熱教室へようこそ。

政治哲学って
これまで考えた事がなかったんだけど
この番組見たら むっちゃおもしろい・°`☆

『殺人に正義はあるか』の回では
 4人の命を救うために1人の命を奪えるか、と問い
『命に値段をつけられるのか」の回では
 多数の人の喜びのために
 少数の人に堪え難い苦しみを与える事は許されるか、と問う
『「富」は誰のもの?』の回では
 ビル・ゲイツにはいくらの課税が適当か、「課税=奴隷化」か、
『お金で買えるもの 買えないもの』の回では
 兵士は金で雇えるか、代理母の権利は?、と問う

で、
『動機と結果 どちらが大切?』『嘘をつかない練習』の回に
カントの思想が出て来た☆
「道徳性と義務と自由は三位一体」とか
「「嘘をつくこと」と「嘘ではないが誤解を招く表現」の違い」とか

まだまだ続くよ
日曜 午後6時〜7時
NHK 教育テレビにて

テキストも出てた☆
これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
 マイケル・サンデル (著), Michael J. Sandel (著), 鬼澤 忍 (翻訳)
ラベル:本とか
posted by kururu at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。