2010年04月28日

手帳の異議申し立てと 年金の生活能力の報告

今回届いた障害者手帳の等級が低くなっていた(これ

それと
障害基礎年金の受給に関して
「知能の割に生活能力が低過ぎませんか?」と
日本年金機構から kururu の主治医の元へ問い合わせがあったようなんだけど(これ
審査は無事に通って支給が再開されたから(これ
解決したものと思っていたら
その後、年金機構から kururu の元へ直接問い合わせが来た(これ
kururu のヘルパー利用の詳細などを訊かれた医師が
「そういうことは病院が答える筋合いじゃない」
と回答を断ったそうで、
それで当人への問い合わせが来たって訳
このお医者さん、至極真っ当

そんな訳で
kururu の困っている事(=生活能力の欠けている所)を逐一挙げて
手帳の異議申立書 と 年金の生活能力の報告書 を作ってみた
それぞれ A4×5枚
まあ、Wordで作って
同じものの細部を書き変えただけで
両方に送ったんだけどね

はてさて 回答や如何に


ラベル:社会保障 自閉症
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。