2010年04月24日

『ホルモンで自閉症改善 金沢大が臨床例発表』

共同通信社 2010/04/23
ホルモンで自閉症改善 金沢大が臨床例発表
 自閉症患者が「オキシトシン」というホルモンを服用すると症状が改善したとの臨床結果を、金沢大などの研究グループが23日、発表した。

 3歳から自閉症とされてきた20代男性で、会話ができず、人と交流ができずにいた。
両親が2008年、スイスからオキシトシンの点鼻薬を輸入し服用すると、男性は診察で担当医の目を見て笑い「はい」「いいえ」と答えるようになり、担当医が驚いたという。

 オキシトシンは視床下部などで作られるホルモンで、男性は血中のオキシトシン濃度が低かったことが判明。
これまでアスペルガー症候群などに効果があった例は海外で報告があるが、同大の東田陽博教授(神経化学)は「重度の知能障害がある自閉症患者が長期間服用し、改善が確認されたのは初めて」と話した。

 オキシトシンは母乳を分泌させたり、出産で子宮を収縮させる働きがあるという。
信頼感を強める機能があり、人が社会で活動するために必要なホルモンと指摘する研究者もいる。
自閉症の治療薬としては認められておらず、男性の点鼻薬は母乳分泌用だった。

興味深い報告が出てきました☆
国内で認可されていない薬を
しかも内服薬じゃないものを飲むなんてのはリスクが高すぎるけど、
今後は研究が進んで
臨床(実用)で、安全な形で、活用出来るようになる事でしょう

けどさ
kururu の飲んでる薬みたいに
キラキラ ワクワク が減っちゃったりもするのかな〜(これ
もっとディープな自閉ちゃんたちの
もっとキラキラの素敵な世界も色あせちゃったりするのかな〜(これ

期待半分、不安半分。。


posted by kururu at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

職業訓練(4回目)

自閉症 kururu の
「目指せ! 優良納税者☆」計画

今週の宿題進捗状況
 病院だとかなんとかでばたばたと過ごし
 全く捗らず(はかどらず)
 反省。。。(v_v)
 自閉ちゃん故か、意識の切替えが上手でなく
 病院行ったら、前後2〜3日はそれしか考えられないんだよね〜

本日のメニュー
・前回の続き
 イラストレーター(アプリケーションソフト)で
 オブジェクトとかパスファインダとか
 あと、ツールをあれこれ使ってみる

今日は、体調もいまいちで
あたまがどうもキレてない感じだった
ざんねん
ラベル:職業訓練 自閉症
posted by kururu at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 目指せ! 優良納税者☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。